小学6年生の少女が2穴同時挿入3Pセックスで失神潮吹きオーガズム

スポンサーリンク

ロウソクは燃え尽きる寸前の最後の一瞬にひときわ美しくきらめきます。出会い系サイト規制が強化される直前の数週間は、まさに「燃え尽きる前のロウソク」のごとく、美しく素敵な出会いがたくさんありました。

今日はそんな時期に会った小学6年生の美少女との3P輪姦セックス体験を告白します。

スポンサーリンク
ハッピーメールバナー

男性からのメッセージ

「割り切りエッチ希望の処女の女子中学生はいませんか?」

出会い系サイト規制が強化される数ヶ月前から、俺はネットの掲示板に毎日2〜3回このような書き込みを行っていた。規制が強化されれば出会い系サイトで女子小中学生と知り合ってエッチすることはまず不可能になるだろう。

俺のメッセージ対してある日次のような返信が届いていた。

「失礼します。貴兄を大変なロリ好きとお見受けしました。私も女子高生でさえおばさんに見えるロリコン男です。よろしかったら色々情報交換しませんか?」

メッセージをくれたA氏は、もともとJK狙いで出会い系サイト遊びを始めたが、だんだん好みの年齢が低下し、今では女子小学生がたまらなく好きだと言う。

俺はA氏とのメッセージ交換に応じた。今までエッチしたロリの情報を交換し「そんなことが!」「まさかそこまで!」とお互いの武勇伝をちんぽを立てながら褒め称えた。

やがてお互いが持っているロリ少女とのハメ撮り写真の交換に発展した。A氏は、1人のロリ少女をじっくり調教していくタイプなので、これまでエッチした少女の数はそれほど多くない。

しかしどれもこれも美少女ばかりで驚いた。

俺は逆に1度エッチしたら飽きてしまうので、次から次へとロリ少女とエッチをしまくってきた。だからコレクションの数ではA氏を圧倒していた。A氏はそこに感動を覚え俺のことを「お師匠様」と読び崇めてくれた。

驚きの提案

俺たちはもうすぐ規制が強化され、おそらく活動ができなくなるロリ少女好きの同志としてお互いの信頼を深め合っていた。情報を交換し写真交換もした。そんな時A氏から驚きの提案があった。

「実は今私が飼っている小学生の豚がいるんですが、よろしかったら一緒に犯していただけませか?」

その「小学生の豚」は6年生の少女で、テニススクールで知り合ったという。母親もスクールに入っていて一緒にお茶をしたことがあるらしい。

コンビニでばったり会ったとき話を持ちかけ、以来親には内緒で関係が続いているとのこと。メールに添付されていた写真にはスポーティーな格好をして笑顔でピースしてるめちゃくちゃ可愛い女の子が映っていた。

こ、こんな可愛い子を輪姦していいのか?

写真を見た時の俺の正直な感想だった。

「実はこの子が3Pをしたいと申してます。豚の分際で主人である私にリクエストをするなんてふしだらな娘ですが、3P輪姦には私も前から興味がありまして豚の望みをかなてやろうと思ったのです。しかし、かといって小学生とセックスしてくれる男性を、それも信用できる男性を公に探すのはいささか大変です」

A氏は輸入アパレル会社を経営する若手社長だったが、女子小学生を輪姦する男性を、表のネットーワークで探すことは流石に無理だった。

私はこの夢のような提案を是も非もなく即答で快諾した。

美少女との出会いはごあさつフェラから

待ち合わせ場所の二子玉川の大型ショッピングモールの駐車場でA氏と会った。俺は駐車場に車を置きA氏の車に乗って3人でホテルへ行く。

車の後部座席には写真で見た可愛い女の子が座っていた。いや写真で見るより数段可愛くて、緊張のあまり「こ、こんにちは」と大人の俺の方がかんでしまった。

ホテルに着くと3人で部屋に入った。

A氏は早速「みや、しょーたさんにご挨拶しなさい」と指示をする。少女は「はい」と清楚な声で返事をして、俺の前にしゃがみ「失礼します」といって幼い手で俺のズボンとブリーフをずり下げ、ちんこを柔らかく握った。

そして可愛い唇を大きく開き俺のちんぽをパクッと咥え込んだ。

あーあー!

いきなりの素敵なご挨拶に俺は興奮し思わずうめき声を出ししまった。全身に電流が流れるような衝撃を感じ思考回路がショートする。今会ったばかりの女の子が、それも小学生が、しかもアイドルのような美少女が、まだほとんど会話も交わしていないのに、俺のちんこを握ってぺろぺろしゃぶっている。

こ、こんなことがあってもいいんだろうか?!

俺は興奮とちんぽの快感で頭の中が真っ白になってしまった。

それでもA氏はやや不満そうな声で「みや、もっと心を込めてご挨拶しなさい」と命令する。「私の大切なお師匠様なんだから」

それを聞いて少女は、ちんこをくわえたまま横目でA氏を見てこくんとうなづき「あはぁーあはぁー」といやらしい声を出しながら舌を長く伸ばして俺のちんこをねっとりなめた。

それから喉の奥までくわえるとくちゅくちゅといやらしい音を立てながら首を振った。さらにもう片方の手で俺のキンタマをわさわさ撫でる。

高級ソープ嬢でも滅多に持ち合わせていない、極上のフェラテクニックだ。きっとA氏が丹念に仕込んだのだろう。

ああ気持ちいい。小学生が俺のちんこをしゃぶっていると言う非現実的な現実と、甘くとろけるような少女の舌技に俺は脳みそが沸騰ようなする快楽に溺れた。

女子小学生がノーハンドダブルフェラチオをする衝撃的な光景

それからいったんフェラチのご挨拶は終わり、K氏は少女を後ろ手できつく縛り上げた。そして細い首に赤い首輪をはめ、K氏もちんこを取り出してダブルフェラチオをさせる。

可愛い女子小学生が、大きな鏡の前で大人2人の勃起おちんちんをノーハンドでダブルフェラチオする。

少女は時々鏡に映っている、2本の巨根をしゃぶる自分の姿をうっとりした表情で見つめては、いやらしく音を立てて激しくちんぽをくわえた。

ちんこに伝わる快感よりも、この世のものとは思えないその衝撃的な光景に俺はまた頭がクラクラしてきた。

初潮前の少女のオナニー

それから少女の両方の乳首を俺とK氏でダブルなめなめしたら、少女は小さな口を開けてはーはー息をもらした。そして

「ああー、気持ちいいです!こんな素敵なことをしていただいて豚にはもったいないです」

と可愛い声で喘いだ。

少女には1週間前からオナニー禁止令を言い渡しているという。俺は小学生6年生の女の子がオナニーをしていると聞いて驚いたが、この子は5年生からオナニーを覚えてはまっているらしい。

ちなみに少女はまだ初潮を迎える前とのこと。「中出しオッケーですよ」とA氏は誇らしげに俺に告げた。

実はA氏も今日のためにこの3日間マスをかいていないと言う。

小学生は顔の面積が小さいから、数日ためた方が精子が大量に出て、大量に顔射するとる見た目のインパクトがとてつもなくエロいと言うのだ。

色々なパターンの2穴同時挿入を試した

A氏が調達してきたコスプレのようなミニスカートの制服を少女に着せて、2穴同時挿入をした。少女1人、男2人の場合2穴同時挿入には次のような組み合わせがある。

  • おまんこと肛門の2穴同時挿入
  • 口とおまんこの2穴同時挿入
  • アナルと口の2穴同時挿入

俺とA氏が入れる穴を変えると全部で6パターンになる。

一通り試した後、少女のおまんこと肛門にローターを入れて、もう一度6通りの2穴同時挿入で小学生少女を輪姦セックスした。

少女が一番激しく乱れたのは、おまんこと肛門にローターを入れたまま、オレがおまんこにちんちんを入れ、A氏がお口にちんちんを入れて、遠慮御構い無しにズコバコ腰を動かした時だった。

それでそのパターンでフィニッシュを迎えることにした。

何通りもの2穴同時挿入を試され少女はすでにメロメロになってしまっている。しかし小学生は元気だ。その上

初潮前の小学生のおまんこの締まり具合は極上だった。

その若鮎が清流を飛び跳ねるようなみずみずしいピチピチのおまんこに締め付けられ俺は絶頂寸前。

あ、あ、たまらなく気持ちいい。

「中出しオッケーです」と言うA氏のお言葉に甘えて、俺は小学生のきつきつおまんこの中に心置きなく、誰に遠慮することもなく、大量の精子をぶっ放した。

うお〜〜!

ほとんど同時にA氏も頂点に達し、3日間ためにためてきた大量の精子を、あどけない少女の顔にぶかっけていた。

少女もちんこをねじ込まれた口で「うぐー!」と官能的な喘ぎ声を発し、下半身をガクガク痙攣させながら、豪快に潮を吹き上げ白目をむいて絶頂失神してしまった。

熟練した2人の大人セックステクニシャンの剛直ちんこの前に、小学生はほとんど抵抗できないまま無条件降伏、完全屈服し、人間の尊厳を捨てて穴豚になっていた。

続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました