【JC1処女のアナルに中出し】気絶するほど気持ちよかった泡風呂エッチ体験

スポンサーリンク

駅のホームの待合室でナンパして一緒にカラオケに行ったJC2人組。そのうちの1人と交渉して援交することになりました。

友達にはサンロードのマックでシェイクを飲みながら待ってもらい、その間に吉祥寺駅東口にあるラブホテルに向かいました。

くるみちゃんとの出会いナンパ編↓

スポンサーリンク
ハッピーメールバナー

国語の先生が関西弁って

ホテルに向かって歩きながらお話をしすると、2人は小学校からの仲良しで部活も同じ(バドミントン部)とのこと。くるみちゃんは11月生まれなのでこのときはまだ12歳でした。

小学校のとき彼氏がいたと言ってましたがエッチなことはおろかキスも手さえ繋いだことがないと話してくれました。

「学校は楽しい?」と僕が聞くと「楽しい!」と明るい笑顔で答えます。「あ、でもね、国語の先生が関西出身で、授業中関西弁で何言ってるかわからない」と言いました。

「なんだそれ、お笑い芸人か!国語の先生が標準語を喋らないのはまずね」というと「そーだよね」と言ってケラケラ笑いました。

冷房の効いたホテルに入ると「わー涼しい!生き返る」と言ってソファーに座り室内をキョロキョロします。カラオケも歌えるけどさっき散々歌ったし友達を待たせているのであまり時間がありません。

「何か飲む?」と聞くと「いらない」と答えるので「じゃあ早速始めようか」と言って僕はくるみちゃんの手を取りました。

処女の女子中学生とエッチするならアナルファックがおすすめです

処女の女子中学生は初エッチの時とても痛がります。

中学3年生はまだしも1年生の処女まんこには勃起した大人のちんこはでかすぎるのです。僕は大勢のロリ少女とのエッチ体験を通じて「ベビーオイル」をちんぽとまんこにたっぷり塗れば、勃起ちんこでも簡単に挿入できることがわかりました。

でも「簡単に挿入できる」だけです。

ものすごく痛がるのでちんこを入れた状態でピストン運動をするのは無理。痛がって泣き叫ぶ少女を見ても、平然とちんこをズコズコ動かせる人は人ではありません。ロリ好きならロリ少女が本気で嫌がることはできないはずです。

ですから処女の女子中学生とエッチするときは「痛くても処女を卒業したいの?」ということをしっかり確認してから行います。

僕の経験では、処女を卒業したい理由は「オナニーするとき穴に指を入れたいから」「彼とエッチする前に練習しておきたかった」「友達が処女を卒業して焦ってる」など驚くようなことが結構ありました。

女子中学生の処女まんこにベビーオイルを使ってぬるっとちんこを入れることができても、挿入していられるのはせいぜい10秒程度です。前戯のシックスナインで派手に潮を吹いて昇天してしまいおまんこがばくばくに広がっていても痛がります。

でもこれが女子高生になると話は別。

特にJK2とかJK3になると痛いのは痛いけど「抜かないで」となります。それでゆるゆる腰を動かしていたらそのうち「あああ」とヨガってきて、やがて積極的に自分から腰をいやらしく動かし「あー!気持ちいい!」とエッチな声をあげて昇天します。

こちらも興奮して腰をズコズコ動かします。そして最後は同時にいけます。

ですから肉体的な快楽を求めるなら女子中学生の処女とするより、女子高校生の処女とする方をお勧めします。乱れ方やよがり声の出し方もJCとJKでは比べ物にならないほどJKの方がエッチです。

でも僕はやはり「精神的な満足感」はJCの処女とエッチすることにはかなわないと思います。

ところで何人かの処女のJCとエッチをするうちに気づいたのは

お尻の穴

はJC1でも、JSでさえも、気持ちがいいと感じる子がたくさんいるということです。

処女なのにお尻の穴に指を入れてクリトリスを舐めたら、白目をむいて昇天してしまうロリ少女が大勢いました。

お尻の穴はなかなか敏感な性感帯なのです。

お尻の穴なら勃起したちんこを入れてズコズコ腰を動かすことも可能です。激しいピストン運動ができるので、男も射精できます。女の子も気持ちいいので処女まんこから潮を吹き上げて昇天します。

ですからJC2より年下の女の子とエッチするときは断然アナルセックがオススメです

ただしこれにも向き不向きがあります。

前戯の時に、お尻の穴に軽く指を添えただけでズブズブ指が埋まってしまう子は、アナルセックス可能な子です。指でもちんこでもアナルバイブでも、

何を入れても気持ちよがって悶絶します

僕の経験では100人のうち97、8人くらいが、そういう子でした。

でもごく稀にいる「前戯の時に肛門が開かない子」にはアナルセックスをしてはいけません。

キスから始まる前戯は丁寧に時間をかけておこないましょう

くるみちゃんの手を取り王子様がお姫様にするみたいに手の甲に優しくチュッとキスをします。

くるみちゃんがお姫様というのはおかしくありませんが、僕みたいなおじさんが「王子様」というのは変ですね、自分で書いておいて。

それからくるみちゃんをハグして髪の毛を撫でました。艶やかでサラサラした綺麗な髪です。シャンプーの香りがかすかに漂って僕はいい気持ちになりました。

しばらくハグしたままくるみちゃんの髪を撫でそれから片方の手でくるみちゃんの耳たぶをいじりました。耳をいじりながらもう片方の手でくるみちゃんの顎を触って上を向かせると一瞬僕と目を合わせそれから静かに瞳を閉じて唇を突き出してきます。

その可愛い唇に唇を重ねました。それと同時に髪を撫でたりうなじをソフトタッチしたり、その間にもう片方の手で耳の穴に指を入れたりします。

口も疎かにしてはいけません。上唇を吸ったり下唇を吸ったり、少しずつ舌を伸ばしてくるみちゃんの口に這わせて舌に絡めます。

左右の手の指と上下の唇と舌を、それぞれが別々の意志を持った生き物のように動かなさければ女の子を気持ちよくさせてあげることはできません。

ピアノで左右の指が違う動きをする、どころの同時進行作業ではありません。

勘の鋭い子なら初めてのキスでも「舌を絡める」という持ちつ持たれつの共同作業をすぐ理解します。そして僕が舌を引っ込めると積極的に僕の口のなかに舌を伸ばしてきて舌を絡めようとします。あどけない少女とこの作業を行うことは至福の時間です。

さっきまで冗談を言って笑いあっていたのに、きつく抱き合って唇を重ね、舌を絡ませ、くるみちゃんの息が荒くなってきました。僕はキスや舌の絡めあいや耳の穴ほじくり攻撃を続けながら、くるみちゃんのワンピースの背中のホックを外して脱がせました。

くるみちゃんの白いスポーツブラとパンティーが丸見えになりました。でもくるみちゃんは恥ずかしさをごまかし僕の視線をせぎるように僕にべったり抱きついてきてさらに濃厚なキスを続けます。

僕はキスを続けながらくるみちゃんのスポーツブラを脱がしました。

12歳のあどけない少女の可愛いおっぱいが丸見えになりました。

ああああ〜

僕は興奮して頭の中が真っ白になりました。Aカップほどの膨らみもありませんが、綺麗な三角錐の形をした見事なおっぱいでした。しかも先端には桜の蕾のようなやや大きめの乳首がツンと立っています。

僕に抱きつくくるみちゃんの腕をほどていて少し後ずさりしてその素晴らしい処女おっぱいとパンティーを眺めさせてもらいました。

「おおー!パンティーとオッパイ丸見えだね」「ああ、恥ずかしい」と両腕でオッパイを隠すくるみちゃん。さっき駅のホームで会ったばかりの少女のこんな姿が見れて夢のようです。

もうこれだけで大満足!

それからまたきつく抱き合って舌を絡める濃厚なキスをしました。今度はキスをしながら片手でくるみちゃんの耳をいじりもう片手で膨らみかけの恥ずかしいオッパイ&乳首を弄りました。

自分の右手にさえ嫉妬してしまうくらい

くるみちゃんの処女おっぱいの感触は最高でした。

おっぱいと耳を同時にタッチされくるみちゃんも「ハーハー」と呼吸が熱くなってきました。僕はくるみちゃんの正面にしゃがんで、両手でパンティーを掴み一気に膝あたりまでずるっとおろしました。

あぁ〜!

と狼狽して両手で顔を隠すくるみちゃん。

くるみちゃんのワレメちゃんにはうっすらとしか毛が生えてなくて、陰門の中からピンクの観音様のぞいているのまで丸見えでした。僕はその股間に顔を突っ込んで「あれーくるみちゃん、ここ濡れてるよ!」とわざと爽やかな声音で言いました。

「は、恥ずかしい」と手で顔を覆い横に振るくるみちゃん。僕は指でそのワレメちゃんをゆっくりなぞり、それから立ち上がって指の先についた「液体」をくるみちゃんに見せました。

それからくるみちゃんをソファーに座らせてその前に仁王立ちした僕は素早くズボンとブリーフを下げて勃起したちんこをくるみちゃんの目の前へ突き出しました。

「あ」と声を発したあと熟したトマトのように真っ赤になってうつむくくるみちゃん。勃起したちんこを見せたときの反応を楽しむことは、処女とエッチするときにはなくてはならないメニューです。

女子中学生が人生で初めて男の指で昇天するとき

それから2人でスッポンポンになってバスルームへ移動しました。

シャワーで体を洗いながら、ボディシャンプーを丁寧に泡だてて、くるみちゃんの肛門とクリトリスに指を当てます。

そして肛門とクリトリスをマッサージします。

同時に体をかがめてくるみちゃの乳首に吸い付きます。これが「乳首+クリトリス+肛門の3点責め」です。ボディーシャンプーの泡がローションの役目をするのでヌルヌルとした感触が甘い甘い刺激として脳に伝わり、どんな少女でもとろけていきます。

この時お尻の穴に当てた指が自然にズブズブと埋まっていくようなら

アナル責めオッケーです。

無理に指を入れようとしてはいけません。ただ肛門に指をあてがっているだけです。でもお尻が敏感な子は肛門がイソギンチャクのようにビクビク収縮して指を飲み込んでしまうのです。

女の子ってつくづく不思議な生き物ですね。

指を飲み込んだ肛門には2本でも3本でも指が入ります。激しく出したり入れたり突いたりかき回したりしても大丈夫です。いやむしろそうしてあげてください。この状態になったら女の子もそれを望んでいます。

同時にもう片方の手の指でクリトリスをいじり、体をかがめて乳首にキスをし続けていると、女の子は限界に達します。

「うああ!」と卑猥な声を漏らし一旦体を硬直させ、それから下半身を恥ずかしいくらいガクガク震わせながら昇天してしまいます。

ほとんどの女の子はこのとき潮を吹きます

くるみちゃんも中学1年生とは思えないほど豪快に潮を吹きました。くるみちゃんの股間に回している僕の両手には生暖かい潮がドバドバかかりました。

いく瞬間にくるみちゃんが発した声は文字にすると「ぐはあぁ!」という感じでした。

これが高校生になると「ああーいっちゃう!」と絶叫しながら昇天するのですが、JC1の女の子ですからそこまで派手なイキ方はしませんでした。

僕が技をとくと自分では立っていることができずバスルームの床にへにゃっとしゃがみこみました。くるみちゃん自身はいったときおしっこを漏らしたと思い込んだようで、両手で顔を覆ってものすごく恥ずかしがっていました。

バージンJC1と甘く恥ずかしいシックスナイン祭り

それからくるみちゃんをお姫様抱っこしてベッドルームに移動します。ベッドの上で両足を開いて両手で左右からおまんこを広げて穴の奥まで見せてもらいました。

12歳JC1の処女おまんこ鑑賞会です。昇天して潮を吹いてしまった少女のおまんこはピンク色でヒクヒク動いていてものすごくエロかったです。

顔はまだ子供なのにおまんこはこんなにエロい!

僕がカメラを出してそのエロい被写体を写真に撮ろうとしたら、くるみちゃんはまた熟したトマトのように真っ赤になり「ああ」と目を泳がせながら熱い息を漏らしました。

それと同時に広げた処女まんこ穴からツーっと透明な愛液が垂れ流れました。

僕は幸いにもその最高の瞬間を写真に収めることができました。

もし写真に撮られることが嫌なら「いや」とか「やめて」と言えばいいのにそれはしない。足を閉じてもいいのですがそれもしない。カメラを向けても両足を広げたまま、両手でおまんこをくぁぱっと広げて見せたまま、でも顔だけは猛烈に恥ずかしがっているのです。

そしておまんこ穴からおまんこ汁を溢れさせてしまい、その証拠の瞬間を写真にまで撮られてしまいました。

あとでその写真を見せてくるみちゃんのおまんこからいやらしいおまんこ汁が溢れているところを指摘するとまた熟したトマトのように真っ赤になりました、ふふふ、可愛いです。*写真を撮るのはこのようにプレイを盛り上げるためです

それからシックスナイン祭りを開催。

僕はくるみちゃんのお尻の穴に指を入れ、クリトリスをいじりながらおまんこ穴に舌を入れて舐めまわしました。おまんこ穴の奥の方まで伸ばした舌を進入させ、ベロベロなめました。

勃起したちんこを喉の奥まで入れられ、敏感な部分をいじられ舐められまくったくるみちゃんは、腰を浮かして今日2回目のアクメに達してしまいました。

ベッドシーツにはくるみちゃの穴から噴出した大量のおまんこ汁で大きなシミができていました。

泡風呂でお湯に浸かったままアナルセックスをする

それからバスタブにお湯をはって2人で入りました。

ラブホテルのお風呂は広くてゴージャスです。バスタブにジャグジーがついていて水中照明でムードが出たりしてとっても楽しいです。音楽も流れます。

バスジェルを入れてジャグジーをオンにするとバスタブが泡だらけになります。ラベンダーの香りの泡がモコモコ溢れる泡風呂に2人で入りイチャイチャしました。

乳首のつつき合いをしたり、泡の中でおまんことちんこの触り合いこをしたり、恋人同士のようにラブラブで見つめ合ったり抱き合ったりして、濃厚なキスもしました。

僕の上に後ろから重なるようにくるみちゃんを抱いた時は両手でくるみちゃんのおっぱいを揉み揉みしました。

くるみちゃんも振り向いて舌を絡めるキスをしながら、片手をお湯の中に伸ばして僕のちんこをしこシコシコしごいてくれます。もうその気持ち良さといったらありません。

可愛い中学1年生の少女と、こんな極上の気持ちいいことができるなんてさっき駅のホームで声をかけて本当に良かったと思いました。

僕の上に乗っているくるみちゃんの股間に、泡の中から手を回してお尻の穴とクリトリスをさわりました。くるみちゃんは息を荒げながら振り向いて、またまた僕と貪るようなキスを続けます。

僕の指はまたくるみちゃんのお尻の穴の中にズブズブ埋まって行きました。お風呂の中でお尻の穴に指を入れると、お湯も一緒に穴に入るのでそれがまたたまらなく気持ちいいのです。

僕は「この穴におちんちんを入れてもいい?」と聞きました。

くるみちゃんは瞳をキラキラ潤ませながらこくんとうなづきます。「くるみちゃんの年ではおまんこに入れると痛いから。でもお尻の穴はとっても気持ちいいよ!」と言うともう一度力強くうなづきました。

僕の上に乗ったくるみちゃんのお尻の穴に勃起したちんこを当てました。

それからくるみちゃんの肩を持って静かに下へ押します。ちんこの先っぽが肛門に入るとくるみちゃんは全身に電流が流れたみたいにのけぞり「あー!あー!」と官能的な声をあげ始めました。

僕もJC1の肛門にちんこを入れると言う状況にとても興奮して、ちんこを一気にズズーーと穴の奥深くまで押し込みます。

一緒に肛門に流れ込んだお湯の水圧と12歳の少女の尻の穴の締り具合で僕のちんこは締め付けられ

窒息しそうなくらいの快感が全身を巡りました

ああああー!

気持ち良すぎて脳みそが蒸発してしまいそうです。

僕は湯船の中でくるみちゃんを後ろから抱っこしたままお尻の穴に入れたちんこを激しく上下に動かしました。お風呂にはったお湯と泡が台風の海で漂流する船のようにバシャバシャと音を立てて波立ちます。

僕は後ろからくるみちゃんを抱きしめ片手でおっぱいと乳首を触りもう片手の指をくるみちゃんのお口に入れたらくるみちゃんは僕の指に舌をねっとり絡ませました。

そして体をのけぞらせ「ああ〜ああ〜」と気持ちよさそうな声をあげます。

それからお尻の穴にちんこを入れたまま、くるみちゃんを180度回転させ僕と正面で抱き合う格好にしました。そしてきつく抱き合ったまま2人でいやらしく腰をクネクネ動かしました。

くるみちゃんは「気持ちい!気持ちい!」を連発しながら最後は体を硬直させ激しく昇天してしまいました。

僕も我慢の限界に達しくるみちゃんお尻の穴の中に大量の精子を放出してしまいました。あとで聞いたらお尻の穴の中で精子がどくどく出る感触が、快感すぎて意識が飛んでしまったそうです。

お風呂から出てべッドルームにいったら冷房が効きすぎていて寒かったことを覚えています。

急いでくるみちゃんの体を拭いてあげてパンティーをはかせスポーツブラをつけてワンピースも着せてあげました。

それからホテルを出て友達が待っているマックへ向かいました。

続く↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました