女子高生の下着姿、制服パンチラ、セミヌード、濡れ濡れランジェリー、透け透けスクール水着が満載の写真雑誌

スポンサーリンク

この記事で紹介する写真雑誌は、ヤフオクなどで中古本が売買されているようです。ただし所持すると法律に抵触するかもしれませんので自己責任でおこなってください。

スポンサーリンク
ハッピーメールバナー

アイドル級美少女中高生のエッチな写真雑誌【クリーム写真集】

「クリーム写真集」はミリオン出版の雑誌「Cream」の特別編集号として1994年に発行されたエッチな写真雑誌です。発売当時の定価は800円。

この雑誌の特徴は

とにかくモデルの女の子のレベルが高い!

ことです。顔や生足を見るだけで、頭がクラクラしそうなアイドル級美少女ばかり。しかもそのほとんどが14~18歳の女子中学生、女子高校生です!!(JCは少なく大半がJKでした)

そんな可愛い子ちゃんたちが、制服パンチラどころか、

上半身セーラー服で下半身はパンツいっちょう

とか、ブラジャー&パンティーだけの下着姿、ブラをとったパンツいっちょう、超マイクロビキニ、さらにシャボン玉セミヌードまで披露していたんですから、たまりませんでした。

パンティーもブラジャーももちろん「ホワイト」で「無地」です、うははは。

発売日に本屋さんでうっかり立ち読みすると、股間が大変なことになっちゃって、本当に「立ち読み」になりました。

当時はろくに中身も確認しないで買って、1人暮らしのマンションに持って帰るやいなや、も~精子が干からびるほど何回も何回もしこりまくりました、ああ〜、だ、だめ💫

撮影裏話もとってもよかった。

制服を着た現役女子中高生が、大勢のスタッフが見てる前でパンツを見せたりセミヌード姿になるんです。その時の会話やモデルの女の子の恥ずかしがりようが伝わり、写真を見ながら想像してしこると、気持ちよすぎて意識がぶっ飛びそうになりました。

わたしの記憶では「クリーム写真集5」まで発売されたように思います。

ただし最初の号と2号以外は全然ダメでした。下着のかわりに水着を履いて「なんちゃってパンチラ風」の写真になったと記憶しています。

クリーム写真集は、最近ヤフオクなどでの取引が復活しているようです。

【台風クラブ】普通の女子高生のパンティー見放題!

「台風クラブ」は1989年5月に「東京三世社」より創刊されたエッチな月刊誌です。

徹底的に「普通の女子高生」のパンチラやセミヌードにこだわった、女子高生マニアのバイブルと言うべき存在でした。

とにかく毎号、毎号、制服姿の女子中高生のパンチラ写真のオンパレード。

街で制服の女子中高生に声をかけて逆立ちしてもらってパンツもろ出し写真を載っける企画なんかもありました。学校帰りの女子中高生が制服ミニスカートの制服で逆立ちですよ。まわりに通行人とかもいるのに。

また学校帰りのミニスカ女子高生に自らスカートを捲り上げてもらってパンツ丸出しになった写真もたくさん掲載されていました。

それから「スケスケセーラー服」という企画があって、パンツとブラが丸見えのそれこそスケまくりセーラー服を女子高生に着せて、街で自転車に乗ったり、パン屋で買い物したり、公園で見知らぬおじさんとお話しいている場面が掲載されていました。

透け透けセーラー服を着て、ビデオショップとかでバイトをする企画もありました。

さらに透け透けスクール水着

や、透け透けブルマーなどと言う、頭がおかしくなりそうな企画もありました。

しかも登場するのはみな可愛い子ばかり、そして正真正銘の現役女子中高校生です。

そのほか、女子高生と日本各地の温泉や銭湯に入浴する企画、女子高生のきわどいTバッグパンチラ写真とその撮影で履いた生Tバッグプレゼント企画、びしょ濡れランジェリー写真、など下半身が爆発するほど興奮する楽しい企画が盛りだくさんでした。

企画の一例

透明セーラー服、女子高生秘湯の旅、濡れスケドキドキ温泉、路上制服Tバッグ、消えそうな泡のシャボン玉バスタイム、女子高生脱ぎたてTバッグプレゼント、女子高生丸見えランジェリー、あぶなスクール水着、女子中学生も泡まみれ、女子高生のお部屋大公開、お尻が見えそうな超ミニセーラー服、投稿ニャンニャン写真、セーラー服パンチラ列島、ビショ濡れランジェリー、透けるスクール水着、放課後は透けるセーラーでバイト、透けるブルマー、女子高生マップ、スケセラ少女in吉祥寺、女子高生ニャン2投稿

*「ニャンニャン写真」とはハメ撮り読者投稿写真のことです

台風クラブは1990年の後半頃になくなりました。女子中高生の生パンティー写真が法律に引っかかったのかどうか、理由はよくわかりません。

その時は、わたしたちはなんて尊い雑誌を失ってしまったんだ!と激しく憤りました。

人は失って初めてその価値に気付く。

「今回は立ち読みでいいや」なんて毎号買わなかった自分を懺悔したものです。

*現在はヤフオクなどで中古本の売買が復活しているようです

ちなみに東京三世社は、日本のSM雑誌の草分け的存在「SMセレクト」なども出版していました。SMセレクトには10歳〜15歳ロリ少女のオールヌード写真も掲載されていました。

参考記事↓

また「台風クラブ」の名前は、女子中学生たちがオールヌードで踊るスッポンポンレインダンスで世に衝撃を放った映画「台風クラブ」から引用されています。

参考記事↓

その他女子中高生のパンチラが見れる雑誌

セーラーメイト

台風クラブの増刊号です。透けるセーラー服、セーラー服で銭湯へ、モデルJKの生パンティープレゼント企画、コスプレヌード、など

GORO

写真家、篠山紀信のグラビア写真で有名な雑誌。

人気アイドルや女優のパンチラ、下着姿、セミヌードが毎号掲載されていました。モデルとなったアイドルの中には現役女子高生もいます。

1975年8月14日発行の号では「青い性の少女たち」と言う企画がありました。

11歳(小枝草久美)、13歳(芦田かおる)、16歳(岡田奈々)、17歳(小泉れい)の4人のロリ美少女の水着、下着姿、ヌード写真(オッパイ&乳首がバッチリ映っています!)が掲載されていました(全員がオールヌードになっているわけではありません)。

特に13歳の芦田かおるちゃんは、乳首が立ってしまっててめちゃくちゃ可愛いかったです、グハハハ。

熱烈投稿

女子高生のスレスレ悩殺ポーズ目一杯!

性感アクメ診察室、水道橋博士のちんちん日記、自前パンツ全見せ写真、タテ割れスパッツ、オナニー、日本ミニスカ倶楽部、女子高生修学旅行狂乱の夜、など。

投稿写真

読者から投稿される写真で構成されていた写真雑誌。

アイドルがステージ上でパンチラした写真や、アイドルの通学途中の制服パンチラ写真などが多く掲載されていました。

その他

スーパー写真塾、セクシーアクション、アクション写真塾、あっぷるず、BOMB、美少女・制服探検隊クリームなど。それから荒木経惟の写真集にも、女子高生の下着やヌード写真がたくさんあったと思います。

当時は女子中高生のパンチラやセミヌードを掲載する写真雑誌がたくさんあったので、毎月立ち読みするだけで膨大な時間を要しました。今振り返るとなんて素敵な時代だったんだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました