全裸ロリ少女と会えるヨーロッパのキャンプ場

フランスのナチュリストキャンプ場
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハッピーメールバナー

ナチュリストキャンプ場ってなに?

全裸、スッポンポン、生まれたままの姿、で過ごすキャンプ場です。

学生とかビジネスマンとか会社の重役とか男、女、子供、大人など社会的な地位やしがらみを全て忘れて、大自然の中で「ありのままの自分」「ありのままの他人」を自由に受け入れるというコンセプトで運営されてます。

今ヨーロッパでは密かに大ブームとなっています。

ナチュリストキャンプ場は、ほとんどが自然豊かな森の中や地中海沿いのビーチリゾートにあります。

そしておよそ80%のゲストが子連れのファミリーです。家族でやってきたJS、JC、JKなど10代のロリ少女が全裸で歩き回っています。ロリコンには夢のような世界です。

あなたもスッポンポンですから10代少女の前でおちんちん丸出しです。くれぐれもロリ少女の膨らみかけのおっぱいやワレメちゃんを見ても、勃起させないでください。

ナチュリストキャンプ場について詳しく解説しているサイト↓

【ヨーロッパで家族連れに大人気】フランスのナチュリストキャンプ場取材ルポ

施設・設備について

フランスのナチュリストキャンプ場のレストラン

そこそこの規模のキャンプ場には、レストラン、カフェ、お店、プール、などの施設があります。テニスコートやゴルフコース、ゲームセンター、ダンスホールなどがあるキャンプ場もあります。

それから湖や海沿いにあるキャンプ場にはプラーベートビーチがあります。

これらの施設も全て素っ裸で利用します。

食事は?

キャンプ場ですから自炊するゲストが多いと思いますが、どのキャンプ場にもレストランがあります。しかもものすごく美味しいです。

お店では焼きたてのフランスパンやクロワッサン、採りたての牛乳やチーズ、ハムなどの食材を売っています。ワインの品揃えも豊富です。

プログラム

ナチュリストキャンプ場では、子供の年齢別に、例えば、4才-8才、9才-12才、13才-17才というようにキッズクラブがあり、ボディペインティング、アーチェリー、ヨガ、散歩、お菓子作り、ゲーム、ダンスパーティーなどのイベントが開催されます。

大人向けにも様々なプログラムが組まれていてゲストの交流を図っています。これらのイベント、プログラムに参加するゲスト、インストラクターは、もちろん全裸です。そして参加費は無料です(お菓子や石鹸作り、陶芸教室など一部材料費自己負担のプログラムもあります)

参照記事🎨

どこにあるの?

フランスのナチュリストキャンプ場
国立公園や自然保護区などの豊かな自然の中で素っ裸で過ごす

ナチュリストキャンプ場の多くはフランスとクロアチアにあります。

自然景観の美しい場所にあるので単に観光で訪れても満足できると思います。

上記の国の他にスペインやポルトガル、イタリアにも少しですがあります。またフロリダやカリブ海のリゾートにも場所を限定する形(ホテルの敷地内など)であります。

私は今年はクロアチアの全裸キャンプ場へ行く予定でフライトもキャンプ場の予約も済ませていましたが、コロナの影響でキャンセルせざるを得ませんでした。コロナが収束したらぜひリベンジしたいと思ってます。

フランスの全裸キャンプ場は、大西洋岸と南仏プロヴァンス地方に集中しています。

宿泊・予約方法

予約はキャンプ場の公式HPから直接申し込みをします。今の所予約を代行する旅行会社のサービスはないと思います。

家族連れやカップルで希望する方は、私が代行してもいいですよ。

ほとんどのキャンプ場は、夏休み期間中は予約で満杯になってしまいます。

料金

私が予約したキャンプサイト。車で入れます。キャンプサイトはかなり広い

キャンプ場によって異なりますが、キャンプサイトの料金は大体1泊1500〜4000円程度です。キャンプサイトの広さは10畳〜15畳くらいで車で乗り入れることができます。日本からキャンプ用テントを持っていくか現地のホームセンターなどで購入して利用できます。

向こうの方は大きなキャンピグカーやキャンプトレーラーを牽引して持って来ていることが多いです。

私は車の中で寝るか、近隣に安いホテルを取って夜だけそちらに移動して寝ます。私は、自然の中でキャンプを楽しむことが主旨ではなく、単に10代ロリ少女たちの裸を見たいだけですから、それで十分です。

コテージタイプの客室

コテージタイプの客室は通常1週間単位で予約します。料金は広さや設備によりますが1週間で6万円〜15万円程度です。大きなタイプだと8名まで宿泊できます。

コテージタイプにはキッチン、トイレ、シャワー、ベッド、バルコニーなどがついています。

設備

キャンプ場のシャワーやトイレ、洗面所は無料でいつでも使えます。WiFiも使えます。

洗面所でJCとお互いスッポンポンで歯磨きした例↓

行き方

ナチュリストキャンプ場は自然豊かな場所にあるので、公共交通機関のみでたどり着くことは難しいです。

私の場合はいつもレンタカーを借りて行きます。レンタカーがあればテントがなくてもキャンプサイトに車を止めて中で寝ることができますし、荷物も楽に運べます。

またレンタカーがあれば日中は近隣観光や食事、買い物などに出かけることができます。

例外的にキャプダグドのキャンプ場と、ルヴァン島のキャンプ場は電車やバスなどの公共交通機関だけで行くことができます。

キャプダグドのキャンプ場🏕

フランスの全裸キャンプ場への行き方

  1. 日本ーパリ:飛行機
  2. パリから、国内線または電車でマルセイユ、アヴィニョン、ボルドーへ移動(プロバンスのキャンプ場はマルセイユ、アビニョン、大西洋岸のキャンプ場はボルドーが最寄りの大きな都市です)
  3. マルセイユ、アヴィニョン、ボルドーからレンタカーを利用

*キャンプ場によっては路線バスと徒歩で行ける場所もあります。

日本からヨーロッパへの飛行機代は季節にもよりますが5万円〜15万円くらいです。日本の混浴温泉へ行くよりは高いですが、1回行けば確実に大勢の女子中学生、女子高校生の裸が見れます。

宝くじに当たるようなわずかな確率で日本の混浴温泉へ何回も足を運ぶより、断然安上がりです。

次に実際の例で説明してみましょう。

クロアチアのナチュリストキャンプ場

海辺に作られたクロアチアのナチュリストキャンプ場
「Valalta」のヌーディストビーチ:クロアチアキャンピングユニオンHPより引用

上記の写真はクロアチアにあるナチュリストキャンプ場のひとつです。

プールにビーチ、ヨットハーバーまである大規模なキャンプ場ですが、この全域で衣服の着用が禁止されています。(朝夕の気温が涼しい時間帯やチェックイン時などをのぞく)

ホームページに掲載されている写真ではビーチに突き出たウォータースライダーがあるのが見えます。

クロアチアのキャンプ場のプール
「Valalta」の全裸プール:クロアチアキャンピングユニオンHPより引用

こちらは同じくクロアチアのキャンプ場のプールの写真です。子供用のプールもあります。この全域がスッポンポンエリアです。

ナチュリストキャンプ場のレストラン
「Valalta」のレストラン:クロアチアキャンピングユニオンHPより引用

こちらはレストランの写真です。

キャンプ場ですから、自炊するのも、バーベキューコーナーで肉やシーフードを焼くのも自由ですが、レストランやカフェ、バーも数件あります。もちろん利用するときは全員裸です。

キャンプ場内のパン屋さん
「Valalta」の食品スーパー:クロアチアキャンピングユニオンHPより引用

上の写真は撮影するために服を着てもらっていますが、本来は裸で買い物をします。

それからクロアチアのこのキャンプ場では、スーパーやパン屋、レストラン、フロントなどで店員さんは制服を着ていますが、店員さんも全裸、というキャンプ場もあります。

バンガロータイプの客室
「Valalta」のコテージ:クロアチアキャンピングユニオンHPより引用

上の写真はコテージタイプの客室です。

地面にテントを張るスペースより値段は高くなりますが、寝室が2つ、3つあってキッチンも付いているので家族連れに大人気で、早くから予約が埋まってしまいます。このタイプの客室は1週間単位での予約が必要です。

テラスではみなさん裸でお茶をしていたりして、家の前を通る裸の人とあいさつを交わしたりします。

子供向けアクティビティもたくさん用意されています。

キャンプ場の地図
「Valalta」の地図:クロアチアキャンピングユニオンHPより引用

こちらはクロアチアのナチュリストキャンプ場「VALALTA」の全体マップです。相当な人員収容能力があることが理解できると思います。キャンプ場はセキュリティが厳重に監視され、入場ゲート以外からは出入りできません。

この施設内へ入るためには、宿泊予約をしている必要があります。

ここで紹介したクロアチアのキャンプ場はかなり大規模なものですが、フランスにはこれよりさらに驚くほど大きなナチュリストリゾートがあります。

Valaltaの公式HP:https://www.camping.hr/campsites/valalta

ナチュリストツーリズムの種類

ここまでの記事でヨーロッパにあるナチュリストキャンプ場のについてイメージをつかめたのではないかと思います。

次に裸の10代ロリータ少女と会える、旅行先をタイプ別に説明します。

ナチュリストツーリズムの行き先

  • ナチュリストホテル・B&B
  • ナチュリストビーチ
  • ナチュリストキャンプ場
  • ナチュリストリゾート
  • 混浴温泉

ナチュリストホテル・B&B

敷地内では基本的に衣服を着用せず裸ですごすことが推奨されているホテルです。B&Bは日本でいうとペンション、民宿みたいなもの。客室数が10部屋以下など、規模の大きい宿泊施設ではありませんが、庭やプールがあるのが標準です。

これらのホテルは、欧州全域と南北アメリカ、カリブ海にあります。アジアではタイに数件あります。

スペインやフロリダ、カリブ海諸国には大規模なリゾートホテルタイプもあります。

ナチュリストビーチ

衣服を着用しなくても「公然猥褻罪」などに問われないことを国や自治体が認めているビーチ。

ビーチへの入場は自由で無料。必ずしも全裸になる必要はありません。*有料のビーチもあります。

日本では「ヌーディストビーチ」の名で理解されることが一般的。ヌーディストビーチへは誰でも自由に出入りできるため、様々な目的を持った人が集まっており、純粋なナチュリストは敬遠する傾向が強いと言えます。

ヌーディストビーチは、北欧やロシアを含むヨーロッパ全域にあります(ただし寒いので北欧などのビーチは閑散としている)。

ヨーロッパで特に多いのはフランス、スペイン、クロアチア、ロシア、ウクライナです。またアメリカ、カナダ、中南米、それからオーストラリアにもあります。

ナチュリストキャンプ場

自然の中で裸で自由に開放的に過ごすキャンプ場です。ナチュリストの思想に合致しており、夏にはほとんどのキャンプ場が満杯になるほどの活況を呈しています。

またナチュリストキャンプ場では、家族連れの割合が8割近くあるのも特徴です。ゲスト同士の交流を高める様々なアクティビティやイベントが開催されていますが、子供向けにも、例えば4才-8才、9才-12才、13才-17才など年齢別のキッズクラブがあり、それぞれ楽しいイベントやアクティビティを行っています。

あるキャンプ場では、ティーンエイジャー向けに、アーチェリー、クフトワーク、風景画、近隣のナチュリストキャンプ場まで散歩し、そこのティーンエイジャーと交流する、ヨガ、ボディペインティング、ビーチボールバレー、ダンスパーティーなど様々なイベントを開催しています。

これらのキャンプ場の多くは森の中や湖のほとり、ビーチ沿いにあり、国立公園内、自然保護区内にあるケースも珍しくありません。入場は宿泊者のみに制限され、キャンプ場の周囲は厳重なセキュリティで保護されています。

フランス、スペイン、クロアチアに圧倒的多数が存在しています。

ナチュリストリゾート

ナチュリスリゾートにつて明確な定義はありませんが、ここでは「大規模なナチュリストキャンプ場」をイメージしています。

南フランスのキャプダグドには、ウォーターパークや水族館、遊園地、マリーナを備えたフランス最大のビーチリゾートがあります。このリゾートのおよそ3分の1はナチュリスエリアです。ホテルやショップ、レストラン、カフェなどが建ち並ぶおしゃれなリゾートタウン内で老若男女みな裸です、買い物したり食事や散策を楽しんでいます。

またアメリア合衆国フロリダ州オーランドといえば世界最大のウォルトディズニーリゾートと世界最大のユニバーサルリゾートが有名ですが、この2つの施設のすぐ近くに、おそらく世界有数の規模のナチュリスリゾート「サイプレスコーブヌーディストリゾート」があります。

サイプレスコーブヌーディストリゾート宿泊体験者の口コミ*トリップアドバイザーより

素晴らしい経験

2009 年 6 月の最終週に、16 歳の娘と一緒にサイプレス コーブに 3 泊しました。 素晴らしい時を過ごすことができました。 リバーサイド レストランとチークスでの食事はどちらもおいしくて、値段も妥当でした。 スタッフの方たちはみなさんフレンドリーで親切でした。 敷地内は美しく、トロピカルな雰囲気で、まさにフロリダらしい感じでした。 

2000 ヘクタール以上もある湖では、カヌーやパドルボードを楽しむことができました。 

プールや娯楽施設は、世界中からのフレンドリーなゲストが集まる、ホテルで一番活気のある場所です。(子供向けの遊び場もあります) 

私の 10 代の娘にとって初めてのヌード リゾート体験でしたが、とても楽しんでいました。 来年の 6 月にまたこのホテルに行くのをとても楽しみにしています。 

私は特に、サイプレス コーブのフレンドリーな雰囲気が大好きです。 子供たちを連れて行っても楽しむことができる、素晴らしいリゾートです。 

アクティビティー:テニス、ピックルボール、バスケットボール、2 つのプール、ホットタブ、フィットネスセンター (別料金)、プールのあるレクレーション施設、ピンポン、公園、ミニゴルフコース、RV パーキング、カヌー、パドルボート、淡水湖、客室、キャンプ場。

地中海に浮かぶ全裸の島

ナチュリスリゾートの最後にもうひとつ「ルヴァン島」を紹介します。

南仏、イェールというマルセイユとカンヌの間くらいに位置する街からフェリーで1時間くらいの地中海に浮かぶ美しい島です。周辺の島々は「イェール諸島」と呼ばれ、国立公園に指定さるほど豊かな自然と美しい景観を持つ島です。

なんとこの島は「衣服の着用禁止」「着てても着なくても良い」エリアが島の主要部の大半をしめる、すごい場所なんです。島の中心にはホテルやレストラン、カフェ、お土産ショップなどがありますが、店員さんもみな裸。イェールの港を出港するときフェリーには大勢の観光客が乗っています。もちろんみんなこのときは服を着ていますが、船がルヴァン島に到着すると、下船してそこらじゅうで裸になるんです。

一瞬、何がおこったの〜と思いました。

この島には入島料などはありませんが、フェリーの運賃が片道3000円ほどします。日帰りではちょっともったいないですね。

ルヴァン島の体験記

混浴温泉・サウナ

ドイツやベルギー、オランダ、チェコ、ポーランド、オーストリアなどヨーロッパの一部の国のプール、ウォーターパーク、温泉施設には、全裸混浴温泉・スパ・サウナがあります。

ここでも10代ロリータ少女と全裸混浴できます。

詳しくはブログ内の「全裸JCJK混浴温泉」カテゴリーを参照してください。

まとめ

JSJCJKのロリ少女の裸が見たい!

その気持ちはよーくわかります。私もそうでした。でも、現在の日本の法律では18歳未満の少女の裸の写真は、単に持っているだけで違法になります。ましてネットで見つけてPCやスマホにダウンロードしたアウトです。

ところが欧州のナチュリストキャンプ場や混浴温泉に行けば、

100%確実に

10代ロリ少女のおっぱい、乳首、ワレメちゃんを見ることが出来るのです。100%です!(冬休みや春休みなど学校が休みの時期が狙い目)。日本の混浴温泉みたいに「宝くじに当たるレベルの運の良さ」は不要です。

「絶対に行く!そしてロリ少女の全裸を見る」という強い気持ちがあればどんな壁も乗り越えれます。

ヨーロッパへの無料航空券を無料でゲット

このサイトで紹介しているナチュリストキャンプ場に関する記事を参考にしてぜひあなたもこっち側の人間になり、全裸女子小中高生との出会いを楽しで欲しいと思います。

タイトルとURLをコピーしました