素人女性がテレビの前でパンティー丸出しになるバラエティー番組6選

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハッピーメールバナー

【制服OLバレーボール】ダチョーン倶楽部

会社の上司や同僚が見てる前で、ポイントを失うと制服を一枚一枚脱いで行く脱ぎ脱ぎバレー

1994年7月〜95年3月にダチョウ倶楽部が初めてレギュラーに抜擢された「ダチョーン倶楽部」という番組がありました。

その中の大人気コーナーが制服OLバレーボールです。

ゲームは、3人制、15点先取のワンセットマッチでビーチボールを使ってバレーボールおこないます。1点失うごとに1枚ずつ服を脱ぐというルールがあってミスをすると普通のOLが恥ずかしがりながら制服を脱いでいきます。

試合の中で、普段会社で着ている制服を1枚1枚脱いでいくというところが興奮ポイントです。しかも観客には、やはり普段一緒に仕事をしている男性社員や上司たちがいます。

あと1点取ったらあの娘がスカートを脱ぐ!というところでは、全員必死でダチョウ倶楽部を応援したものです。

昼休みにOLがバレーボールをして、点を取られるごとに制服を脱いでいき最後はパンティーとブラジャーだけの姿になっちゃう、そして昼休みが終ったらまた制服を着てオフィスに戻って何事もなかったかのように仕事をする。

となりのデスクに座っているこの娘はあんなパンツを履いてるのか、、などと想像しながらの午後からの仕事はさぞはかどらなかったと思います(笑)。

サーブを打つところの床が鏡になっていて、スカートの中のパンティーが丸見えになってしまうので(しかもテレにカメラに映し出される)、最初のうちはどの子もとても恥ずかしがっていました。恥ずかしがってろくにサーブが打てずそのために点を失い結局スカートを脱ぐというさらに恥ずかしいサイクルになるところもミソ。またゲームは屋外(ビルの屋上)でする、ところも興奮ポイントでした。

このコーナーは大人気で参加賞や勝利者賞の景品も豪華だったため出演応募者が殺到し、毎週レベルの高い可愛くて美人のOLさんたちのパンツ&ブラ姿を拝むことができました。

試合がデュースにもつれ込むと、長時間パンツいっちょうの姿で白熱した試合を戦うのです。

素人、普段仕事をしている男性社員の前でパンツを見せてしまう、屋外露出、制服、という抜きどころ満載の素晴らし企画でした。

【スターびっくり箱】純情なアイドルがステージ上でスカートを切られちゃう

スターびっくり箱/アイドル歌手や若手女優のスカートが切られステージの上でパンツ丸見え

わたしが子供のころ「スターびっくり箱」という公開録画番組がありました。

その中で、ゲスト出演しているアイドルや女優の「スカートを切る」コーナーがが大盛況でした。

渋谷公会堂とか郵便貯金ホールのような大人数収容の劇場でステージの上に立ったアイドルの卵たちがスカートのすそをはさみで切られパンツを見せてしまうというものです。

スカート切りコーナーは箱の中身を当てるというクイズ形式になっています。箱の中身は会場やテレビ視聴者には見えますが回答者である女性には見えません。

箱の側面に穴が開いていてそこから手を突っ込み触った感触でそれが何かを言い当てるのです。

100%正解ならその女性はスカートを切られることなくステージを降りれます。不正解なら、その不正解度によってスカートが切られる長さが決まります。猫なのにうさぎと答えるようなケースです。

どれくらい不正解か、そして何センチ切るのかを決める審査員が、ステージの横でスカートを切る長さを宣言します。審査員に「20センチ」と宣言されればスカートの裾を1周分まるまる20センチ切られてしまうのです。

当時はミニスカートが大流行していましたから、そんなに短く切られちゃったら大変!

何千人もの観客が見守るステージの上でパンツ丸出しになっちゃう女の子もたくさんいました。切られたスカートの長さを計測し足りなければ「もっと切れ」と言われます。

最終的に長さチェックが終了するとステージの上にある筒状の回転する台の上に立ってその台が1周するまで観客やテレビの前の視聴者にパンツ丸出しの姿を見られ続けるのです。

そのときの女性たちが耳まで真っ赤にして恥ずかしそうに短くなったっスカートの裾をおさえている姿は子供心にも強烈なヌキどころでした。

特に興奮したのはパンツが見えるか見えないかぎりぎりの短さにスカートが切られたときです。女性は必死にスカートのすそを引っ張ってパンツを隠そうと抵抗しますからただ立っているだけではパンツは見えません。

それが筒状の台に上がるとチラッと白いパンティーが見えちゃったりするのです。「ああ〜〜見えちゃった」という喜びは、たくさん切られてパンツ丸見えになっているより興奮しました。

それからどうしてもパンツを見せたくなくてかたくなに抵抗を試みる子もよかったです。一生懸命スカートのすそを引っ張ってパンツが見えないようにするのですが台からおりるとき足がからまってステージの上で転んじゃって余計にパンツ丸出しを披露するはめになっちゃうのです。

そのときの会場から「おお〜〜」というどよめきがあがり女の子が恥ずかしそうに顔をかくす仕草がたまりませんでした。

一番印象に残っている子のお話をします。

その子は白いミニのワンピースにハイソックスという姿で舞台に登場しました。多分16歳か17歳くらいの当時のアイドルの卵だったと思います。小学生の私が見ても心臓が止まるくらい可愛い子でした。

「ああ、こんな可愛い人もスカートを切られてパンティーが見えちゃうかな。ほんのちょっとでもいいのでパンティーを見れるといいな、神様、お願いします。」とドキドキしながらテレビ画面を見守っていました。

最初に司会者がその女の子に「触るのが苦手なものは何ですか?」と質問したら、えへへと笑いながら「私ネズミが苦手なんです。ネズミだけは絶対にさわれません」と答えていました。

ステージに運ばれてきた箱の中には可愛い子猫が入っていました。観客席からもテレビの視聴者からも箱の中身は見えています。あまりにも可愛い子猫ちゃんが箱に入っていたので会場がどよめいて笑い声も起こりました。

ところがアイドルの子はそのどよめき聞いて「あ、ネズミに違いない」と勘違いしてしまいました。急に体を強張らせ、司会者が「さあ、箱の中に手を入れてください」と促しても「いやだー、いやだー」と子供が駄々をこねるように拒みます。観客から見たらかわい子猫なのに、そんなに怖がるのはおかしいので会場からさらに笑が起きます。

それを聞いてますます「これはネズミだと」との思いを強くしアイドルの子はステージの上で固まってしまいました。司会者が苦笑いしながら「さー手を突っ込んで。このままじゃスカートたくさん切られちゃいますよ」と言うと、女の子は「それは困る」と言う表情になって箱に近づきます。そして恐る恐る手を突っ込んだですが、「あーネズミだ」と半泣きしながらすぐ手を引っ込めてしまいました。

司会者が「さーもう一度」と促しても女の子は泣いてしまってもう動こうとしません。埒が明かないので司会者が「じゃあ、回答はネズミでいいんですね?」と念を推します。「もし違ってたらものすごく上までスカートを切られますよ」と言ってもこくん頷くだけ。

それでも司会者がもう一度「本当に答えはネズミでいいですね」と確認してから、箱の中を女の子に見せると可愛い子猫がいたので女の子はびっくり。その反応を見て会場はまた大爆笑。

審査員が「これは前例がありません、ほとんど箱に手を入れてないし、答えも完璧に間違ってる」と言ってスカート切り執行人に「好きなだけ切りなさい」と宣告しました。

それを聞いた時女の子はまた泣きそうな顔になりました。

結局おへそのあたりまでミニのワンピースを切られてしまい、何千人も観客が入った会場のステージの上でパンツ丸出しになってしまいました。その時の女の子の恥ずかしがりように、私はたまらなく興奮しました。興奮して頭にガンガン血が上りました。

スカートを切られた後、台の上に立って1回転しなければいけないのですが、女の子は恥ずかしがってステージの上を逃げ回ります。顔を真っ赤にして「きゃあ、だめ、あああ、恥ずかしい」と言いながら。それを見て観客はまた大爆笑。逃げ回っている間もパンツ丸出しなんだから早く台に上がって終わらせちゃえばいいのに、と思いましたが、司会者や執行人が追いかけるのを必死で逃げる姿が滑稽で哀れでそれがものすごくエロかったです。

司会者の後ろに隠れた時、司会者がさっとよけるとまた「ああ」とパニックになって逃げ出しました。

あれは一体誰だったのか?今ではそんな番組があったことを覚えてる人もいないでしょから、永遠の謎です。

とにかく今と違ってスパッツとか見せパンのような残念なアイテムはありませんでしたから、正真正銘のマイパンティーを公衆の面前で公開してしまったのです。

スカートを切られてしまった女性たちのあの必死の恥ずかしがりようは本当に忘れられません。

あんなうれしい番組もう一度復活してくれないでしょうか。

【脱ぎ脱ぎ野球拳】じゃんけんに負けたJKたちが次々に服を脱ぐ

明るくエッチに盛り上がる野球拳

野球拳とは、1対1、あるいは1対複数でじゃんけんをして、負けた人が1枚ずつ衣服を脱いでいく遊びです。

もともとはコンパや飲み会の席の余興としておこなわれていました。もちろん男性同士で対決するケースがほとんどです。

それが、なんと 男性対女性、女性対女性 などといううれしい組み合わせでじゃんけんに負けて恥ずかしそうに服を脱いでいく姿をテレビで放映しちゃう番組が登場したんですからもう大変でした(><)

1990年代中盤頃から放映回数が増えていき毎年年末には「紅白歌合戦」の裏番組として幕張メッセや東京ドームのような大会場に集まった女性がスクリーンに映し出されるじゃんけんを相手に負けて次々に服を脱いでいきました。

参加者は素人女性もいましたし、アイドルや女子アナなどの有名人もいました。

全国のお茶の間に放映されちゃう中で1枚1枚シャツやスカートを脱いでパンティーいちょうの姿になっちゃうところがたまらなくエロかったです。

女子高生のグループが登場しそのうちの何人かがじゃんけんに負け続けパンツいっちょうになるシーンもありました。

女子高生が、大勢のスタッフがいるスタジオで、テレビカメラの前で、パンツいちょうになる姿を放映するなんて、何て素晴らしい番組&時代だったのでしょう。

【大わらじ祭り】大観衆の前で美女たちが無念のパンツ丸出し

大わらじ祭りで大勢の若い女性のパンツが無抵抗丸見え

あれはNHKの歌番組だったと思います。

どこか地方都市の音楽ホールからの中継でした。

その地方名物の「わらじ祭り」の紹介で巨大なわらじを大勢の男衆がかついで客席の後方から会場に入ってきました。そしてふんどしハッピ姿の男衆たちが、客席に座っている女性を次から次へとその巨大わらじの上へほおり投げるのです。

ミニのワンピースの女性が数人のふんどし姿の男性に抱えられわらじの上にほおり投げ出される映像はそれだけでもエロかったです。

男衆に抱えられワンピースのすそが腰のあたりまでめくれあがりパンツ丸出しになってしまっている女性もいました。

そしてたくさんの女性を乗せた巨大わらじはわっしょいわっしょいというかけ声とともに観客席を練り歩き最後はステージの上に上がります。

巨大わらじが上下に激しく揺れるのでわらじの上にほおり上げられた女性たちは、わらじから落ちないように必死でふんばっています。

タイトミニの女性は大股開きの太ももとパンツが丸見えです。

でもパンツが見えないように股を閉じるとわらじから落ちてしまうので見せ続けるしかありません(><)
四つん這いになってるフレアスカートの女性はわらじが上下にはげしく動くたびにスカートがふわふわめくれて、背中からお尻、股間にかけてのパンツもろ見えでした。

そしてワンピースミニの子はワンピースが背中までまくれあがっても、激しく揺れるわらじから落ちないように両手でふんばっていますから、無抵抗の状態でパンツを見せ続けなければなりませんでした。

わらじの動きが一瞬止まったすきにまくれあがったワンピースを下げようと試みるのですがまたすぐわらじが激しく動きだし、一瞬ワンピースに手がかかってもすぐにまたわらじの端につかまって落っこちないようにふんばるしかないのです。

その間じゅう、会場を埋め尽くした満員のお客様と全国のお茶の間にパンツ丸見えの姿をさらし続けました。

ただNHKの人気アイドル目当てで歌番組を観に来た可愛い女性たちが数千人の観客の目の前でふんどし姿の男衆にわらじの上に放り出されパンツ丸出しになってしまった。

そして無抵抗で長時間パンツを見せるしかなかった無念さを思うと今でももちんこが固くなります(^^)

オールナイトフジで現役女子大生のパンツ丸見え

「オールナイトフジ」は1983年から1991年までフジテレビ系列で生放送された深夜番組です。

出演者の女性のほとんどが現役女子大生で、エッチで過激な内容のコーナーが盛りだくさんだったこともあり高い人気を誇っていました。

この番組を足がかりに人気スターになった女の子もたくさんいます。

オールナイトフジのエッチなコーナー

  • あなたのパンツ見せてください
  • 女子大生初体験レポート
  • 真夜中のゲーム大会
  • 出張居酒屋逆立ちクイズ

居酒屋逆立ちクイズでは、コンパなどで盛りがっている居酒屋へ行き、お客の女の子を指名して逆立ちしてクイズに答えてもらう、というようなことをやっていました。

あるいは逆立ちしてストローでジュースを飲む速さを競うゲームとか。

毎回、可愛い素人女性が、大勢のお客が見てる前で(もちろんテレビの視聴者も見てます)逆立ちしてパンツ丸出しになるのをとても楽しみにしていました。

また真夜中のゲーム大会では、女子大生数名が仰向けに鈴なりに寝て、大きなビーチボールを足でパスしながら運ぶゲームがありました。両足を高くあげ大きく開いてビーチボールを挟むので、スカートが腰までめくれてパンツ丸出しになってました。

司会者も「お前、パンツ見せすぎだろー」とか「もっとスカート抑えろ」と叱っていました。何しろ生放送でしたから。

これらの番組は最近までYouTubeでも見れました。

素人女性がミニスカート姿で巴投げされ全国のお茶の間にパンティーを晒す神番組

別の記事で詳しく紹介していますが「祈願成就!出張ネプ投げ」は、テレビ朝日で1999年10月2日から2001年3月26日まで放送されていたバラエティー番組「おネプ!」の大人気コーナーです。

素人の女の子がミニスカートで巴投げされ、次から次へとテレビカメラの前でパンツを見せました。大股開きで股間部分をご開帳してしまった女の子も大勢います。

素人生パンチラの金字塔と言えるすごい番組です。

参考記事↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました