修学旅行の小学6年生女子と偶然の混浴など温泉・銭湯Best5話

スポンサーリンク

今日は日本の温泉や銭湯での少6、中1小女との混浴体験を報告します。

あなたのオナニー のネタにして下さい。

スポンサーリンク
ハッピーメールバナー

修学旅行の小6女子と混浴体験

就職してから3年目の会社での慰安旅行での出来事。

ちょうど修学旅行の小学生の児童達もこの旅館に泊まりに来てた。某超有名温泉郷だったが、この旅館は大浴場と小浴場が一つづつ(当時。今は?)。もちろん客は大浴場に入りたいが、混浴にするわけにもいかず日替わりで男湯・女湯が入れ替わるシステム。昔はこんなしけたシステムのホテルや旅館も多かった。

お茶を入れに来てくれた仲居さんの話では、今日は大浴場は男湯だけど修学旅行の子供達は男女とも大浴場に入れてあげたいので、修学旅行の子供達だけ男女時間を分けて大浴場を使うんですよとの事。

ではその時間、一般客は大浴場使えないのかというと、そんなことはないらしい。要するに、その時間帯は風呂が混雑するのでのんびり入りたい人は避けたほうが良いですよと、仲居さんが気を利かせてくれたようだった。

こんないい情報教えてくれるなんて、あの仲居さんとても素晴らしい人だ、うははは。

もちろん私が女子の入浴時間に入浴しないはずはなかった。

あまりにもドンピシャで女子の入浴時間に行くのも、気まずいので男子の入浴時間が終わる10分前には当方は湯船の中で準備完了。

この10分間待ち遠しいし、想像でチンコは立つし、人生でもっとも長い10分間だった。ちなみに当方を含め、数人の男の入浴客も居た。

ついに女子児童のご入場。さすが6年生、オッパイ膨らんだ子が大多数。

タオルで胸と股間を隠しながらの入浴だったが、そんなのは初めだけですぐにみんなワレメも丸出しで楽しそうにはしゃいでた。

そんなに大きな学校ではないらしく50人くらいだった。

それでも50人のワレメって凄いね。

9割がた無毛のツルツル、生えてる子もいたがワレメが隠れるにはまだまだ。至福の30分だった。

女子の入浴時間には当方も含め他にも何人かの一般の男性客が居たが、他にも一般客とは違う男も居た。修学旅行の引率の先生が数人。

男子の入浴時間から居たが、その時は「騒ぐな!走るな!と怒鳴りっぱなしだったくせに、女子の入浴時間となると態度一変。

つい5分前は鬼のような形相だったくせに、デレーっとした顔付きでニコニコ顔・・・。

騒いだり走ったりは男子も女子も同じようだったが・・・。

まあ、何十本ものチンポを見るのと、何十本ものいい匂いのワレメを見るのとでは気分も違うのは判るが・・・。

しかも明らかにオッパイの大きい女子がプルンプルンさせながら遊んでいるのを嬉しそうに目で追ってたし・・・。

脱衣所でも、女子たちがパンツを履いたりするのをじっと見てたし。

毎年修学旅行が楽しみで仕方がないんだろう、あの先生たち。

金もらって、女子のワレメ見て・・・いいなあ先生って・・・と、嫉妬せずにはいられなかった

混浴温泉で女子サッカー部の小学生たちとハーレム体験

正月、某温泉に行った時の話。

そこに、小学生の女子軍団(なんかのスポーツ団体??)が来てた。

最初屋外バーベキューのところで、鍋か何かを煮て食っていたのだが、そのうち大人は酒盛り、子供は釣堀とわかれた。そこの温泉は温泉というよりバーベキュー場のサービスみたいな温泉なんだが、掘建て小屋で、一応囲いがあるが、混浴だ。

そのうち、小学校高学年の女子が5人と、中学年くらいが、温泉に来て「誰も入ってないよ、入ろうよ」とタオルを取りにいく。

私は、温泉のそばのベンチで見ていた。タオルを取って戻ってくると、合計11人。

中でわいわい服をぬいで、バシャーン。キャーキャーと聞こえ始める。

ここで、私は、中に入る。少女たちはあわてて湯船に入る。更衣室で脱いでいると、後ろからの視線がいたい・いたい・・

私は、 もちろん全裸でタオルで隠すこともなく、湯船のへりに腰かける。

するとちょうど湯船につかっている少女らの視線の正面にちんぽがくる。少女らは見ていないフリしながら、クスクス笑いる。

4m×4mくらいの湯船なんで、結構いっぱいいっぱいだ。

じっくりちんぽを見せていると、1人の少女が出ようか??といいあっというまに、全員出てしまた。

これでおしまいかな??と思っていると、 なんと今度はまたも高学年の子が(別の子)3人と、さっき入っていた子2人が来たのだ、うおおお!!

今度は確信犯だ。。ようするに見にきたのだ。

私のおちんぽを

ショートカットの胸のほとんどない子が、「こんちにはー」。

いい根性しています。

5人は湯船のヘリにすわった。 私は湯船につかったままで、おしゃべりする。

東北の某県から来たことや、6年であること、 ○○北小学校という小学校であることなどを教えてくれた。

2人の子は全然羞恥心??がないのか湯船へりで体育すわりのような体勢をしたので、ワレメもピンクのおまんこも丸見えになってた。

途中で「やだー見てるー」と股間を手で隠すしぐさをする。 毛はワレメにこびりついた海苔みたいで、うすい状態。濃い子もいた。

右側に座っていた2人がびっくりするほど胸が大きく、 丸いピンクの薄い乳首がいやらしかった。

私は、立ち上がってちんぽをさらすと、「おおー。ぶはっ。きゃははは」と笑う。

「ちんちんみたいの??」って冗談でいいながら、すぐ目の前まで行ってみせた。

お父さんのとちがうとか、こんくらいだったよとか、手で大きさをやってまた笑う。

オナニーとかするの??と聞くと、「言葉はしってるけど・・しないよー」とか「やりかたしらないし」と言う。

そんな話をしていると、ちんぽがボッキしてきたので、しゃがんで湯船に沈む。

「どうしたの??」というので、おちんちん おっきくなっちゃったというと

「見たい!見たい!」と。

立ち上がるとと、「うわあーーでかい・・・・」「上むいてる・・」と笑い、亀頭を指さして「 ココなんでこうなってるの??」「不思議・・でっぱりが・・」とか爆笑しながらガン見してくる。

さわっていいよ、というと、ショートカットの子がいきなり小さな手でつかみ「かたいかたいかたい、かたいかたいよ」と連呼する。

その子の胸やあそこをさわらせてもらいながら、シコシコさせる。

クリを刺激してやると「ソコ気持ちいい」というので、「オナニーするときはココいじれよ」と教えた。

巨乳の子は恥ずかしがりやで、胸をさわると真っ赤な顔で下をむいていた。

限界になったので「精子でちゃうよ??」というと見せてといううので、

思いっきり少女らにむけて発射した。

うわーーとんだ!と笑ってた。

別府の混浴温泉で小学6年生の女の子とその母親と密着入浴

かなり前のことですが春休みに別府の山奥にある野外温泉に行きました。

そこは野原の中にぽっかり空いた小さな池の様な温泉で周りには何もありません。僕が1人で入っていたらお母さんと娘さんがテクテク歩いてきて「こんにちは」と言いながら、温泉の横で服を脱ぎ始めました。

女の子は小学生か中学生くらいでおっぱいは膨らんでいるし、可愛い子だったのでドキドキしました。お湯につかって顔を背けながら時々チラチラ服を脱ぐところを盗み見してました。薄いピンクのパンツを脱ぐところも見てしまいました。

その温泉は本当に小さいので3人で入ると体が密着してしまいます。でも寒い日だったのでその母娘は「失礼します」と言いながら狭い温泉に入って来ました。

「いい温泉ですね」とか「どうやって来たんですか」などありきたりの会話をしました。知らない母娘と素っ裸で温泉に浸かりながら会話をするのはとても奇妙な感じです。

「この子は4月から中学生になる」と言ってたのでその時は小学6年生だとわかりました。

お母さんは象の様に太っているのに娘さんはスリムでした。僕はお湯の中でちんこが勃起していましたが、デブのお母さんを見て勃起したと勘違いされたくなかったのでお湯から出ることができませんでした。

しばらくしたら「じゃあ、お先に」と言ってその母娘は帰って行きました。

「鍋山の湯」という温泉だったと思います。

友達3人で銭湯の男湯に入った中1女子

まだ年齢規制がなかった当時中学1年生のとき、女友達2人連れて平日の夕方に2駅離れたところにある銭湯の男風呂に入りに行きました。

当時は性に目覚めて毎日悶々としてて、銭湯だったら堂々と裸の付き合いができると知って女友達を無理矢理誘って行きました。

2駅離れたのは一応顔見知りの男子には会いたくなかったからです。

番台のおばさんから「あんたたち、いくつ?」と聞かれたので「5年生です」と嘘ついて素早く脱衣場に入ったときの興奮といったらもう。。。

その場にいた男たちが私たちをじっと見ていたのを知りながら、女友達の制止を無視して脱いで裸になったときは正直オナニーより感じました。

ブラジャーも普通ので当時はСカップだったし下の毛もそれなりに生えていたので小学5年生では通らない体つきでしたけど、聞かれた人たちには全員それで最後まで通しました。

「最近の子は発育良いね」なんて言われました。

裸の中学1年生が3人タオルも巻かずに男風呂に入るとまわりの男たちがどんな反応や行動をするかは目に見えてわかりました。

一緒の浴槽に入る。洗い場で後ろ左右に集まる。私たちが座った場所で何かしている。勝手にカゴの中の下着を触られる。

体を拭いて下着を穿いて服を着るまでずっと見ている。

本来それがわかれば嫌だと思うのですが、私は逆に興奮しました。

女友達2人は男たちを気持ち悪がってましたが。一番驚いたのは洗い場で隣の人が体を洗うフリをしてこっちを見ながら手でチンチンを擦って石鹸の泡に隠れて白い液体を出したときでした。

まだ私はそれが男のオナニーとか射精がわからなかったので、チンチンの大きさに興奮してただけでした。

風呂あがりに一度やってみたかった、裸のままコーヒー牛乳一気飲みをして、興奮冷めやらぬなか銭湯を出ました。

女友達からはもう二度と行かないと言われたので、男風呂に入ったのはその一回きりでした。

あのときの興奮と経験は絶対忘れられません。

6年生の男女が裸で混浴する田舎の温泉

数年前、レンタカーを借りて山口県の日本海側を旅行しました。

萩から東に向かって走っていると県境の少し手前の海沿にオートキャンプ場がありました。その隣に日帰り入浴できる立派な町営温泉があったので入ってみることにしました。

平日の午後だったので入浴している人はほとんどいなくて地元の老人が数名のんびり温泉につかっていました。

ところがその中におっぱいが膨らんだ女性が全裸でお風呂に入っていたのでびっくりしました。でもよく見たら下の毛が生えてなく、小学生か中学生くらいの少女でした。

どうしてそう思ったのかというと、一緒に話していたのがどう見ても小学生の男の子だったからです。

男の子は3人いて、1人がおそらく6年生くらいで、後の2人は3年か4年くらいだと思います。男の子は皆坊主頭でした。そして一番年上の男の子と女の子の話ぶりや会話の内容から2人は同級生だと思いました。

女の子はまるで全裸でいることが当たり前みたいに、男の子たちと話したりふざけたり口喧嘩したりしていました。

お風呂から出て脱衣所では、裸のまま首にタオルをかけて汗が引くのを待ってたりドライヤーで髪を乾かしたりしていました。

そのうちまた口喧嘩になり、脱衣場をスッポンポンで走り回って追いかけたり、タオルやパンツを投げ合ったりして騒いでいました。

ああ、日本の田舎にはまだこんな素朴な場所があるんだなーと感動したことを覚えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました