パイパンワレメ丸出しのJS、JC、JKが裸体に塩をぬるエロい光景

スポンサーリンク
混浴温泉

今日はベルギーの首都ブリュッセル郊外にある「Thermen Dilbeek」という混浴スパでのロリロリ体験をお話をします。

ベルギーでは「スパ」でロリ少女との全裸混浴を楽しめます。

ベルギーのスパは、ドイツやオーストリア、ポーランドなどの混浴温泉のような大型ウォーターパークではなく、美容と健康、そしてリラックスすることを目的とした温浴施設です。

スポンサーリンク
ハッピーメールバナー

Thermen Dilbeekについて

Thermen Dilbeekのロビー
Thermen Dilbeekのロビー

Thermen Dilbeekはブリュッセル中央駅から電車で20分の場所にあるスパです。ベルギーでは「水着着用ゾーン」のない「全館全裸混浴」のスパが主流のようです。

今日紹介する「Thermen Dilbeek」も受付ロビー以外は全て全裸混浴エリアです。

ですからここにやって来るロリ少女は、生まれたままのスッポンポンになって、おっぱいも乳首もワレメも丸出しで、全裸の男性と一緒にお風呂やサウナやプールに入ることを了承しています。

しかもThermen Dilbeekには12歳以下の割引料金があるので、ロリ少女がたくさんやってくることは間違いありません。私が訪れた時は、キリスト教国最大の休暇シーズンである「イースター」が終わったばかりの閑散期でした。それでも何人かのJS、JC、JKを見ました。

もしここにクリスマスとか、春休み&イースターのピークシーズンに来ていたらどうなっていたんだろう?と想像すると下半身がカーッと熱くなります。

基本情報

  • 住所:Kattebroekstraat 290, 1700 Dilbeek, ベルギー
  • ホームページ:http://www.thermendilbeek.be
  • 行き方:ブリュッセル中央駅から近郊電車で20分のGroot-Bjjgaarden駅で下車、徒歩20分
  • 概要:全館全裸混浴のスパ。プールもシャワーも更衣室も男女共同。12才以下は割引料金。

*ホテルやレストランも併設されています

地図

ベルギーのロリ少女

ベルギーのロリ少女は本当に可愛いです!

美しいブロンドの髪に透き通る青い瞳、高級陶器のようなつやつやで真っ白な肌、くびれた腰とすらっと伸びた長い足、引き締まったヒップ。抜群のプロポーションです。

肌が真っ白なのでピンクの乳首やピンクのワレメちゃんの色が一層鮮やかに映えます。まさにおとぎ話に登場する美しい森の妖精のようです。

それが、もし更衣室で遭遇したら(Thermen Dilbeekの更衣室は男女一緒)、オシャレなワンピースを脱いでパンティー丸出しになるところや、そのパンティーを片足ずつ脱ぐところを見学できます。

逆に帰り支度の現場に遭遇したら、スッポンポンの体にパンティーやブラジャーをつけていくところを見学できます。

更衣室も男女共同
更衣室も男女共同

パンティーいっちょ姿でおっぱい、乳首丸出しで鏡の前に立ってドライヤーで髪を乾かす場面を見れたりもします。

さらに帰りの電車が一緒なら「あの子のオシャレなスカートの中身を全部見た」という途方もない満足感に酔いながら電車の中でチラチラ見ててもいいんです。

アウフグスの後全裸の体に塩をぬる女子中学生

屋外のサウナ小屋から出たらこのあたりで全裸で涼みます

Thermen Dilbeekの屋外にあるサウナ小屋でアウフグスを体験しました。

アウフグスは全裸の男女が押し合いへし合い狭いサウナ小屋の中で汗を吹き飛ばす清く伝統的な儀式みたいなイベントです。

全裸混浴サウナがある国では、多少やり方に違いがあっても必ず行われている人気イベントです。

参考記事

Thermen Dilbeekの屋外サウナ小屋で行われたアウフグスには50名くらいの全裸の男女が参加していました。私が訪れた時のゲストの数が50名くらいだったのでほぼ全員がアウフグスに参加してたことになります。

その時は母親と叔母みたいな大人3人と一緒に来ている女子高校生がいました。すらっと手足が長いなかなかの美少女です。しかも何とその子はアンダーヘアーを剃っていたのでツルツルのワレメちゃんが丸見えでした。

欧州の混浴温泉、サウナでは男性も女性もアンダーヘアーを剃るのがマナーです。私が見たところでは女子高生でツルツルに剃っている子は少なかったと思います。

これだけスタイルのいいJKがヘアーをツルツルに剃ってパイパンおまんこ丸見えにしているのはロリコンにはたまりません。

それからうっすらと毛の生えた女子中学生とツルツルワレメちゃんが可愛いJS6くらいの少女がいました。

あとは女子大生グループとか若いカップルとかじーさんばーさんです。

熱気むんむんのアウフグスが終わったらみんな一斉に外に出ます。緑の芝が眩しい広い庭園です。頭上からは柔らかな春の陽光が降り注いでいます。

まだ春先の肌寒い季節でしたが、アウフグスの熱波で火照った体を覚ますには快適な気温でした。サウナ小屋から出たゲストたちはどこも隠さず、両手、両足を広げて春の日差しと風を全身で受け止めていました。私がチェックしていたJSJCJKも、汗まみれで真っ赤に火照った体から湯気を立ち上らせながら両手を広げて空に顔を向けて目を閉じ気持ちのいい風に当たっていました。

そこへサウナマスターが大きな桶を抱えてやってきました。

ゲストたちはその前に1列に並んで桶から白いものを受け取っています。それは塩でした。汗まみれの体に塩を塗りたくるようです。3人の少女たちもスッポンポンで列に並びサウナマスターの前に両手を出して塩をもらっていました。

そして塩をもらったらせっせと全身に塗り始めました、塩を塗るのに夢中になっているので、至近距離でパイパンワレメが丸見えです。

下半身に塩を塗るために屈むと形のいいおっぱいがプランプルンと弾けます。おっぱいに塗られた塩が滲み出した汗と一緒にダラダラ流れ落ちるのが何ともエロかったです。

私は塩を塗るふりをしながら、3人のロリ少女のおっぱいやツンと立った乳首やピンクのワレメを至近距離でじっくり見させてもらいました。

それから再び全員がサウナ小屋に入り締めのアウフグスを行います。

もう暑くて暑くて限界というところで終了し、全員がひしめいて一斉に小屋の外へ出ようとします。満員電車から人が降りる時のような感じです。

私はこの時少女たちの近くいたので、肘やら肩やらがおっぱいや乳首にべちゃべちゃ当たりました。後ろから可愛いお尻にちんこがブラーんと揺れて当たりもしました。

とても幸せな瞬間でした。

スッポンポンのJSJCJKと並んでシャワーを浴びる

その子たちとはその後も屋外プールで一緒になりお互い全裸で泳いだり、屋内ジャグジーや屋内の個室サウナでも度々遭遇しました。

屋内ジャグジーでは座っている少女の目の前におちんちんをぶらぶらさせながら入りました。

4人くらいでいっぱいになるジャグジーだったので、肌が触れる距離、息がかかる距離でじっくり美少女たちのおっぱいや乳首やワレメちゃんを鑑賞しました。

ロリ少女と全裸で混浴したジャグジー:出典Thermen Dilbeekのホームページ

ジャグジーから出る時も立ち上がって彼女たちの鼻の先でちんこぶらぶらしました。

屋内サウナに入った時は、家族で来ていたJCが両膝を立てて仰向けに寝っ転がっていました。というかその家族は全員が同じ姿勢をしていました。目を閉じているのでその子の足の方に座った私かからはワレメもおまんこも見放題。

白い肌にピンクのおまんこはあまりにもエロすぎてちんこが勃起してしまい、慌てて手で隠しながら退出しました。

きわめつけはシャワーです。

3人のロリ少女たちはみな違うグループでしたが、帰る前に同時にシャワーを浴びていました。Thermen Dilbeekではシャワーも男女の区別はありません。壁に沿ってずらっとシャワーが並んでいます。私はJSとJKの間に入ってシャワーを浴びました。実際その時はそこしか空いていませんでした。

右を見ても左を見ててもスッポンポンの女子高生、女子中学生、小学生がシャンプーで髪を洗っていて、桜色の乳首や膨らみかけのおっぱい、そしてパンパンのツルツルまんこが丸見えです。

そしてシャワーを終えた彼女たちについて一緒に更衣室に行き、パンティーやブラジャー(女子高生だけ)をつけるとこまでバッチリ見させてもらいました。

こんな体験が人生で一度でもできれば「この世は天国だ」と胸を張って言えるでしょう。

リラックススペースも全裸

欧州の混浴温泉へ行こう

JSJCJKのロリ少女の裸が見たい!

その気持ちはよーくわかります。私もそうでした。でも、日本の法律では18歳未満の少女の裸の写真は、単に持っているだけで違法になります。ネットで見つけてPCやスマホにダウンロードしたアウトです。

ところが欧州のスパやサウナ、温泉に行けば、

100%確実に

10代ロリ少女のおっぱい、乳首、ワレメちゃんを見ることが出来るのです。100%です!(冬休みや春休みなど学校が休みの時期が狙い目)。日本の混浴温泉みたいに「宝くじに当たるレベルの運の良さ」は不要です。

「絶対に行く!そしてロリ少女の全裸を見る!」という強い気持ちがあればどんな壁も乗り越えれます。

このサイトで紹介している混浴温泉に関する記事を参考にしてぜひあなたもこっち側の人間になってください。

ヨーロッパへの無料航空券を無料ゲットする方法

次に読むのにおすすめの記事↓

ヨーロッパの混浴温泉でロリ少女との混浴体験

コメント

タイトルとURLをコピーしました