小学6年生の女の子がスカートをめくられてパンツ丸出しになってしまう映画・ドラマ厳選7本

スポンサーリンク

今日のブログでは、小学6年生の女の子が男子にスカートをめくられて白パンツ丸出しになるシーンがある映画、ドラマを紹介します。

初潮を迎え性に目覚める年頃の少女が、大勢の撮影スタッフや役者がいる前でスカートをめくられパンツを公開する。リハーサルや撮り直しで何回も何回も。

撮影前夜、少女はどんな気持ちだったのでしょうか?番組放映後、クラスメートや先生と接する時どんな心境だったのでしょうか?

少女の心境を察してあげるとより楽しみが深まります。

スポンサーリンク
ハッピーメールバナー

【うちの子にかぎって】スカートをめくられパンツを見られた後に言うセリフがたまらない!

小学校を舞台にした田村正和主演の学園コメディドラマ「うちの子にかぎって」の第2話で、3人の女子小学生が男子にスカートをめくられ白いパンツが見えてしまうシーンがあります、ああ〜〜!

最初のスカートめくりシーンでは、ピンクのワンピース(みたいな服)を着た中上綾ちゃんと、メガネ女子の深川高子ちゃん(ピンクのTシャツに白いミニスカート、白いハイソックス)の2人のパンティーが見えます。

5分くらいのところの下校シーンで、綾ちゃんと高子ちゃんが2人で歩いているところを後ろから走ってきた悪ガキ2人にスカートをまくられてしまうのです。

しかもスカートをめくられパンティーを見られてしまった男子に対して

油断してた〜

と照れ笑いしながら言うセリフがたまりません、あ、あ、あ。油断してたらいつでもスカートをめくってパンツ見てもいいんですか?!

ただ残念なことに、綾ちゃんの白いパンティーはしっかり見えるのですが、スカートをめくられる前から警戒しているため期待したほどには見えません(油断してねーじゃん!)。スカートをめくる男子も右手(おそらくきき手)で高子ちゃん、左手で綾ちゃんのスカートをめくるので、綾ちゃんの方がおろそかになってしまった感は否めません。

それに加え援護で綾ちゃんのスカートをめくる男子が全くなってない!スカートに手を触るだけで終わってしまいます。

そこでの気遣いは無用だから!

一方、高子ちゃんの方は援護の男子がしっかりスカートをめくります。女の子が手を払おうとしてもしぶとくスカートをめくり続けるので、高子ちゃんは背中まで見える豪快なパンツ丸出しになります。

高子ちゃんの役を演じる輿石恭代ちゃんはおそらく小学6年生くらいだと思いますが情報が少なくてよくわかりません。スカートをまくられるシーンではメガネをしていますが、第2話の後半ではコンタクトで登場します。こっちの方が可愛い!

一方綾ちゃん演じる磯崎亜紀子ちゃんは1973年11月8日生まれなので、ドラマ撮影時の年齢はおそらく10歳で小学5年生だと思います。6年生でなくてごめんなさい。

でもとっても可愛いし他の女子より背も高いので6年生に見えます。また磯崎亜紀子ちゃんは12歳(JC1)の時出演した映画「プルシアンブルーの肖像」で大胆なM字開脚座りホワイトパンチラを披露して、ファンのちんぽを立たせてくれました、ぱちぱちぱち。

参考記事↓

ちなみに3人目のスカートめくりは後半の登校シーンにあります。ただしこの女の子が誰なのか、よくわかりません。またここでも男子が弱気なスカートめくりで終わるのでほとんどパンツは見せません。

監督は、撮影前に正しいスカートめくりのやり方を徹底的に指導するべきでした。

「うちの子にかぎって」は1984年8月17日-9月28日にTBS系列で放映された学園コメディ、主題歌はチェッカーズの「星屑のステージ」でした。

【JS6の後藤果萌ちゃん】ヒッチハイクのためスカートをまくりあげられパンツ丸出しになる

ドラマ「あいくるしい」は2005年4月10日 〜6月26日にTBS系日曜劇場で放映されたドラマです。

伊豆の田舎で暮らす7人家族の絆と成長を描いた物語。子役の後藤果萌ちゃんが、ヒッチハイクで車を呼び止めるためにスカートをまくられて白パンツ丸出しになってしまうシーンがあります。

果萌ちゃんは1993年9月22日生まれなので、ドラマ放映時は11才の小学6年生です。小学6年生の可愛い女の子が、ランドセルを背負って水色のフレアスカートをめくらてしまうのです。

女友達に両手でスカートの裾を掴まれ、どばーと豪快に胸のあたりまでまくりあげられるので

パンツ丸出しになってしまいます

うはは!しかもその場面に居合わせた神木隆之介くんや、他の3人の男の子にしっかり見られてしまいます。龍之介くんに至ってはスカートがまくられる前からガン見している感じです。

しかも果萌ちゃんは、スカートをまくられた時パンツがよりよく見えるように、シャツをお腹のあたりで折りたたんでいます。

ですから「スカートをめくったけどシャツが邪魔でパンツがよく見えない」ということはありません。

丸見えです

スカートをまくりあげられパンツ丸出しになった後「きゃー」と可愛い声で恥ずかしがるところもたまりません。

脚本を書いた野島伸司の「こだわり」を感じさせる名シーンです。

ちなみにこのドラマにはなんと市原隼人や綾瀬はるか、神木隆之介、沢尻エリカなど豪華な顔ぶれが出演しています。

【OH!ノーパンツガールズ】ジュニアアイドルの入江紗綾ちゃんが白パンティーを脱ぐ

「OH!ノーパンツガールズ」はジュニアアイドル入江紗綾ちゃんがが所属するユニット「Sweet Kiss」主演による小学校を舞台にした学園コメディです。

2005年11月12日に劇場公開され2006年3月にはDVD が発売されました。

JS3人組のあかりとましろとリンダは、日常に刺激を求めてノーパンで学校生活することにします。ところがましろが脱いだパンツをうっかり落としてしまい、それをクラスの男子に見つかってしまいます。

「この中にノーパンのやつがいる!」とクラスの女の子たちが

かたっぱしからスカートをめくられてパンツ丸出しになります。

大勢の小学生の女の子のスカートがめくられパンツがもろに見えるすごいシーンですが、人が多すぎて誰が誰だかわからないという嬉しい悩みにさいなまれます。

主演のましろ役を演じる美少女はジュニアアイドルの入江紗綾ちゃん。1993年11月15日生まれなので映画撮影時は

11才の小学6年生です。

あかり役を演じた瑠奈ちゃんは1992年12月2日生まれ、映画撮影時12才の中学1年生。

リンダ役を演じたジェシカちゃんは2005年に発売された写真集のタイトルが「ジェシカ11歳」なのでおそらく映画撮影当時は11才の小学6年生だと思います。(Sweet Kissで紗綾ちゃんと同じ年)

紗綾ちゃんはノースリーブのミニワンピで白パンツを脱ぐシーンが何回かあります。しかし残念なことに「スカートを捲ってパンツを見せながら脱ぐ」という脱ぎ方ではありません。

それでも膝の上くらいからパンツを脱ぐところが見えます。それをパンチラと呼べるかどうかは微妙ですが。

瑠奈はタイトミニスカートからパンツを脱ぎますが黒いパンツなので全然萌えません。

ジェシカちゃんは白いポロシャツに赤いタータンチェックのミニスカート姿で、スカートを釣り糸でめくられるシーンがあります。この時

水色のパンティーが長時間もろに見えます

ありがとうございます。

この映画ではそのほかに前述したようにたくさんの小学生がスカートをめくられてパンツ丸出しになります。

いつみても波乱万丈「太川陽介の巻」 

「いつみても波乱万丈」は、1992年3月22日から2008年9月28日まで日本テレビ系で毎週日曜の午前中に放映されていたバラエティー番組です。

毎回ゲストを招きゲストの波乱万丈な人生を再現VTRと本人のトークで振り返るという内容。

太川陽介の巻では、彼の小学校時代の再現フィルムが流れますがその内容がすごい!

小学校時代の太川さんは「女の子のパンティーの色や柄がわかる」と豪語し、事前に色や柄を言い当てながら、クラスの女の子のスカートをかたっぱしからめくるのです。

しかも「ほら白の無地だったでしょう」「ほら、リボン付きだったでしょう」「ほら、くまさんのイラストがあったでしょう」と予言との整合性を確認するために、

パンツをアップで長時間

写すところがミソです。

パッとめくってすぐ手を離すというようないい加減なスカートめくりではありません。

両手でスカートの裾をしっかり握ってドバーッと上までまくりあげ、パンツの色や柄や生地をしっかり確認する、長時間大面積のスカートめくりです。

これぞ本物!のスカートめくりです。さすが「ハレンチ学園」世代。

この再現VTRはユーチューブやニコニコ(もしかしたら別の動画サイト?)などでスカートをまくりあげられパンツをじっくり鑑賞される女の子の様子が楽しめたんですが、現在はおそらくほぼ消去されていると思います。

【オレンジ色のミニスカートを公道でまくりあげられ白パンツ丸出しになるJS6】ジャンパーソン

ジャンパーソンの17話でJS6くらいの女の子がスカートをまくりあげられ白いパンティーを長時間丸出しにするシーンがあります。

男の子2人の手によってまくられちゃうので胸までスカートが上がる「茶巾めくり状態」です。そしてお日様の照らす明るい公道で豪快にパンツ丸出しになってしまいます。

このパンツ丸出しをする女の子なんですがよく見るとすらっと伸びた長い足や高い身長、顔つきもしっかりしているのでJCの可能性もあると思います。役柄が小学生なのでランドセルを背負ってますが。

これぞスカートめくり!という素晴らしい映像です。

恋の三乗

2007年3月25日に劇場公開されたショートムービーです。(2008年1月8日にDVDが発売されています)。

ヒロインの片岡涼乃ちゃんが、赤いランドセルを背負って歩いている時に後ろから少年が走ってきてパーッとスカートをめくり白い物が見えます。おお〜。

スカートをまくられたとき「きゃっ」と声を発しスカートを抑える場面がぐっときます。さらに少年に

パンツについてのコメント

を言われる時の表情がたまりません。

涼乃ちゃんは1994年6月11日生まれなので、映画撮影当時、12歳の小学6年生です。

12歳

大人でも子供でもない小学6年生の少女たちの恋愛を描いたドラマ。原作は小学館の「ちゃお」に連載されていた漫画です。

映画の公開は2015年9月です。

小学6年生の美少女「浜名心愛」 役を演じるキッド咲花麗ちゃんは、2001年6月9日生まれなので、映画撮影当時はおそらく13歳か14歳の中学2年生です。女子小学生ではありません。すみません。

そしてメイキング映像でしかパンツはみえません、いやメイキング映像でも、

スカートをめくる男子にためらいがあって

パーッとスカートをめくった手をすぐ離してしまうのでほぼ見えません。

スカートをめくると決めたら両手でスカートの裾を持って、最低でも胸のあたりまでまくりあげ、そこでしばらく固定しなければ本当のスカートめくりとは言えません。

全く最近の小学生はスカートのめくり方も知らないのかとがっかりです。学校では一体何を教えているんだ!*スカートめくられるのはキッド咲花麗ちゃんです。

主演の山田杏奈ちゃんは2001年1月8日生まれ、14歳の中学3年生、共演の、可愛い田口乙葉ちゃんは2002年5月15日生まれの中学1年生です。

次に読むのにおすすめの記事↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました