中学の時クラスメイトの可愛い女子のパンツを見て興奮した体験5話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハッピーメールバナー

男女混合ソフトボールで白パンツ丸出しになった憧れの川奈さんJC2

中2の秋のよく晴れた日曜日。

小学校のグランドで男子数名で遊んでいたら、同学年の女子数名がやってきて俺たちを見ながら鉄棒のところでヒソヒソ話をしていた。

女子たちは皆クラスがバラバラ。その中に俺が密かに憧れていたちめちゃくちゃ可愛い川奈さんがいた。しかも川奈さんはその時、薄い水色の超超ミニのワンピース姿だった。

これはパンツが見えるかも!

俺は学校で川奈さんのパンチラをまだ見たことがなかったが、風でスカートがめくれて見えそうになった瞬間や、綺麗な足をおかずに毎晩オナニーにふけっていた。

だからその時「パンツが見えるかもしれない」と言う期待だけで俺は気が狂いそうになった。

女子の中の1人と仲がよかった森本が「一緒にソフトやらない?」と声をかけた。ナイス森本!

それで男女混合で2チームに分かれソフトボールをすることになった。バットとボールは誰かが持っていたと思う、というか元々ソフトをするために集まったような気もする。

俺は川奈さんとは違うチームになった。そして守備の時、俺は一番人気のない、だけど女子のパンツを見るには絶好のポジションであるキャッチャーを進んで申し出た。

思惑通り川奈さんが打席に立ってバットを構えるだけで、ワンピースがワカメちゃん状態に上にずれて

パンツが見えた!

ああああ〜!!!!!あの憧れの川奈さんのホワイトパンティーが、こんな至近距離で見えた。

しかもピッチャーの投げたボールを打とうとバットを振ると、ワンピースがずり上がり大面積でパンツが見える。

さらに空振りして前屈姿勢になると、俺の低い視線からでは、

もうスカート履いてないのと同じ状態で

ばっこーんと見えた。

空振りしてパンツ丸出しになった後、恥ずかしそうに俺の方を振り向き「見えた?」と尋ねる表情にドキューン!さらにパンツが見えることがわかっていながら、またまた大げさに空振りし豪快に丸出しになった白パンツにドドドキューン!

秋の大パンツ丸出し祭り。

憧れの川奈さん、めちゃくちゃ可愛いい川奈さん、スカートが風で揺れただけのシーンをありがたくおかずにしてしこってきたのに、今日からは豪華絢爛なフルコース料理にグレードアップだ。

一生物のおかずができた思い出の1日だった。

春一番が女の子たちのスカートを暴力的に捲りあげた日

3学期の最後の土曜日。*当時、土曜日は午前中授業がありました。

その年の春一番で猛烈な風が吹いていました。風は朝の登校時からそこかしこで女の子の制服のスカートをボワっとめくりあげていました。

登校途中だけで軽く20人くらいのセーラー服女子の白パンツを見させてもらいました。休み時間にも渡り廊下を歩く何名かの女子が春一番の餌食になり白いパンツを見せてくれてました。

そして放課後、学校の正門から出ようとした時その日1番くらいの強烈な風が吹き上げました。身長の高かった私でも立っていられないくらいの強風が長い時間継続して吹きつけたのです。

校門を出ようとしてた1年生の女子(バスケ部の後輩)4名が思わず「きゃー!」とスカートを押さえてしゃがみました。

しゃがみこむとき4人全員のパンツがもろに見えました。しかもそのうちの2人はしゃがんでもスカートが頭の上までまくれ上がっていて、セーラー服姿で白パンティーが丸見えでした。それは、屋外で、学校の正門の前で、上半身セーラー服、下半身下着姿も同然のエロい光景。

それまでの僕の人生であんなに長時間、大面積の女子のパンツを見たのは初めてでものすごく興奮しました。

風が収まったら、立ち上がってキャーキャー笑いながら小走りに駆け出しましたがまた猛烈な風が吹いてきて全員のスカートを暴力的にまくってしまいました。女子中学生が、天下の公道で、下半身下着姿同然の格好で、走り回ったりしゃがみこんだりしていました。

それ以外にも下校途中にそこかしこでセーラー服でパンツを見せてしまっている女子がいました。

僕は一旦家に帰って自転車で買い物に出かけました。

大型ショッピングセンターの駐輪場にはたくさんの人がいましたが、その中に学年で5本の指に入る可愛い子ちゃんの高原さんがいました。学校のセーラー服姿で自転車でここまできたようです。

高原さんが自転車を降りた途端、猛烈な風が彼女のスカートを襲いました。しかし素早く押さえたので、ちらっとパンツが見える程度の損害で済んだようです。

でも駐輪場にいた大勢の男性たちはきっとまだチャンスがある、と期待のこもった目で高原さんを見ていました。風が完全に収まった時、ちょっとだけ油断したのか高原さんはスカートから手を離し両手で自転車を持ってスタンドあげようとしました。

その一瞬が彼女の命取りになりました。

まるで両手を使えないタイミングを待っていたかのように、猛烈な上昇気流が高原さんの清楚な制服のスカートを暴力的に持ち上げてしまったのです。

高原さんは全く無抵抗で頭までスカートが捲れ上がってしまいました。まさに茶巾寿司状態

大勢のギャラリーたちが見守る前でみんなの期待を裏切ることなく、女子中学生の高原さんは下半身パンツ丸出し大サービス公開してしまったのです。

その時「ああー」という官能的な悲鳴が風の中に聞こえました。

高原さんは、スカートを抑えることができないまま腰をクネクエさせ、パンツを見せ続けていました。赤面して羞恥に腰をくねらす姿はパンツが見えたこと以上にエロかったです。

参考記事

付き合ってた彼女が座り直して目の前でパンツを見せてくれた

中学3年の時付き合っていた彼女が友達2人連れて僕の家に遊びに来ました。

そして僕の部屋で床に座ってボードゲームをして遊びました。

最初女の子たちはみな正座でしたが「楽にしなよ」というと全員が正座をやめて横坐りになりました。その時僕の左側にいた僕の彼女が、僕に向かって足を広げて体育座りのような姿勢になり、目の前でパンツがもろに見えました。

僕たちは付き合ってると言っても手も繋いだことはありません。

2年生の時から学校で彼女のパンチラが見えると、気が狂うくらい喜んでオナニーにふけっていました。もちろん彼女にはそんなことは一言も言っていません。

スカートがめくれてチラッと白いものが見えるだけ死ぬほど喜んでいたのに、目の前で膝を立て足を広げて白パンティーの股間部分を丸出しにしてくれているのです。

僕は彼女の顔を見ましたが恥ずかしそうに目を背けていました。

その時はパンツが見えた喜びで頭がいっぱいでしたが、後になってよく考えたら、

あれはわざと見せてくれたんだ

ということに気づきました。

それは僕にとってその後一生の宝物になりました。しかし当時の僕は「見せてくれたの?」などと直接聞く勇気はありませんでした。

その後も付き合っている間にパンツを見たことを話題にしたり、ほのめかしたことはありません。ああ、なんてもったいないことをしたんだろうー。

結局彼女とはその話をすることもキスも手をつなぐ思い出を作ることもなく、中学を卒業する前に分かれて別々の高校に進学しました。

草むしりでセーラー服パンチラを見せてくれた憧れの村中さんJC3

中学の時、全校一斉で校庭の草むしりを行うことがよくありました。その時は制服で行うでのしゃがんで草むしりする女の子のスカートの中がよく見えました。

当時はスカートの中にアンスコをはく子は皆無だったので、無防備にしゃがんでいる子は全員パンツが丸見えでした。

僕は可愛い子を見つけたら学年に構わず近くにしゃがんで、そこの草をむしりました。そこにむしるべき草がなくてもパンツがよく見えるポジションであればしゃがみました。

何十人もの女の子のパンツを見せてもらっていたら、僕が毎晩のようにオナニーのおかずにしている村中さんがしゃがんで草むしりをして入りのが目に入りました。しかもそのしゃがみ方だと正面からはいやっちゅーほどパンツが見れるはず!うははは。

僕は何気ない顔で村中さんの正面に移動し、しゃがんで草むしりをしました。しばらくしてちらっと視線をスカートの中に向けると

あああ!

見えました!毎晩おかずにしている村中さんのしゃがみパンチラ!白いパンティーの股間部分が僕が手を伸ばせば触れるくらいの場所に見ていました。

うおおおおぉ〜!僕は嬉しさのあまり窒息しそうになりました。

しばらく見させてもらったあとあんまり見てたら気づかれると思い、パンツから目を離して草むしりに専念しました。

少しして「まだパンツ見えるかな?」と顔を上げるとまだ見えます!しかも僕が再びパンツを見たので村中さんは少し嬉しそうな表情をして、さっきより足を大きく広げて僕の目の前で大股びらきでパンツを見せてくれたのです。

僕は心臓が止まるほど興奮しました。女の子のパンツの股間部分をそんな至近距離でそんな長時間見たのは初めてでした。

そのあとも気づかれてはいけない(気づかれてますが)と目をそらしてしばらく草むしりに専念し、少ししたら顔をあげてパンツを見る、行動を繰り返しました。

その時は、女の子は草むしりに夢中になっててうっかりパンツを見せているのだと信じていました。

その時見た村中さんのパンツは、その後の人生において長い時間ずっと僕のオナニーのおかずでした。

ミニスカワンピで卓球をしながらパンツを見せる美少女下級生

中学の時は夏休みにプールが解放されていたので、毎日のように通っていました。そしてプールから上がったら着替えて体育館で遊ぶことも日課になっていました。

ある日プールから上がって男友達と体育館で遊んでいたら、1年の女子が数名着替えて体育館で卓球をやり始めました。

そのうちの1人は僕が目をつけていた1年生でナンバーワンに可愛い子です。しかもその時はベージュの超ミニのワンピースを着ていました。

いやワンピースというより

裾がちょっと長いTシャツ

といったほうが適切かもしれません。

彼女はそんなあられもない姿で卓球をするので、当然パンツが丸見えになりました。

ネットにピンポン球が引っかかった時は、卓球台におおいかぶさるように乗って手を伸ばすので、背中までワンピースが上がり、白パンツもろ見えになりました。

僕はその時ちんちんがエベレストのように立ちまくって射精しそうになりました。

ピンポン玉が床に落ちると、何人かの女子が笑いながらそれを取り合いします。

その時彼女は床に転げ回ってピンポン球を取り合うので、お腹もおへそも背中も全部見える程のパンツ丸出しになりました。下半身は何も着ていないのと同じ状態のパンツ丸出しです。

僕は我慢できずトイレに駆け込んでちんこをしごきまくりました。そして思いっきり精子を放出しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました