駅のホームで中学1年生の美少女をナンパしてホテルに連れ込みエッチした

スポンサーリンク

今日は駅のホームで見た美少女に声をかけてエッチしちゃった時の体験をお話しします。

スポンサーリンク
ハッピーメールバナー

2人組みのJCと出会う

あれは数年前の8月上旬頃のお昼過ぎだったと思う。

仕事の打ち合わせで都心へ行くために駅へ行ったら女子中学生2人組がホームで立ち止まったり歩いたりしながらペチャクチャお話ししていた。

1人は背が高く骨格のがっしりした少女で、ショートパンツにTシャツ姿。顔は平均以下。もう1人は完璧に俺好みの美少女で、スタイルはすらっと細くて小柄。白いノースリーブのミニワンピに素足にサンダルだった。

2人がおしゃべりしながらゆっくり歩いているのを追い越し、可愛い子の方の顔を見たら、目が合った。通り過ぎて振り返ってもう一度見た。やっぱりものすごく可愛い。

冷房待合室

アイドル系動画配信サイト「いちごだいふく」

その日は殺人的な暑さだったので、俺はホームの後方にある冷房の効いた待合室に入った。きんと冷房の効いた待合室には誰もいなかった。

しばらくしたらさっきの2人組もゆっくり歩きながら待合室に入ってきて俺の対角に座った。

可愛い子を見ると何回かチラチラ目が合う。心臓が止まるほど俺好みの美少女だ。

椅子に座った2人は「ああ、ここ涼しいね」とか「何々がちょームカつく」とかヒソヒソおしゃべりを続けている。そのうち「お酒がさー」「飲んだの」「やばいって」みたいな会話が聞こえたので、俺は2人の方を見て「え、お酒飲んだのー?」と声をかけた。

すると可愛い方の子が「あ、いや、違います、違います、」と小さく手を振りながら答えた。それで2人でケラケラ笑い転げる。俺が「え、違うの?」と聞いたらしばらく笑ったあと「この前親戚が来た時、少しだけ舐めたんです」と言った。

「あーびっくりした、その若さで酒豪かと思ったちゃった」と俺が応えると2人とも「うけるー」と言ってキャハキャハ笑った。

それから俺はまた1人でスマホを見た。同時に頭の中で考えた。「これは押せばいける」。そもそも目が何回も合う子はナンパの成功率が高いのだ。

でも俺はこれから都心に出て仕事の打ち合わせで人と会わなくてはならない。それにもうすぐ電車が来ちゃう。

俺はこれまで多くの女子中学生とセックスしたので心に余裕があった。「こんな可愛い子が見れただけでもよしとするか」。

ナンパにふみ切る

アイドル系動画配信サイト「いちごだいふく」

その時駅のアナウンスが流れた。

「車内で急病人が出た影響で次の上り列車は約5分ほど遅れます」

それを聞いて顔を上げたら2人とまた目が合った。俺は「付いてないね」と変顔を作って言うとケラケラ笑いながら「でもここ涼しいから」と答える。

もーこんなチャンス逃したらあかん!仕事の打ち合わせはリスケすればいいけど、この子たちにはここでアタックしないともう2度と会えない。

そう心に決めて俺は「今からどこへ行くの?」と聞いた。2人組の時のナンパの鉄則は

ブスの方に話しかけること

でないと、せっかく話が盛り上がってもブスの方がいじけて「私は行かない」となってしまう。友達を置いて自分1人だけエッチしに行くことは女子中学生の世界ではありえない。

だからまずブスの方を乗り気にさせることが肝心なのだ。それにブスの方に集中して話しかけるとブスは気をよくするし、可愛い子はプライドが傷ついてムキになって話に乗ってくるようになる。

俺の問いかけにブスの子が「吉祥寺に買い物に行くんです」と答えた。それを受けて何を買うのか?とか2人は仲良しなの?とか部活はないの?とか質問しまくる。そしてその答えに対していちいち大げさに「へーそれはすごいねー」とか「あーそうなんだ」と笑顔で反応してやる。

ブスが気をよくしたところで「ねえ、一緒に少しだけカラオケに行かない?」と切り出した。「俺も吉祥寺に行くんだけど(嘘です)、ちょっと待ち合わせに早すぎて時間を潰さなくちゃならないんだ」と理由を説明した。

それから「少しだけでいいから」「おごるから」「すぐ終わるから」「冷たいもんでも飲もー」「いつもどんな歌うたうの?」「聞いてみたい」「ちょっとだけ、ちょっとだけ」と、めちゃくちゃ押しまくって、電車が到着するまでになんとかイエスの返事を取り付けた。

参考記事

カラオケで交渉

アイドル系動画配信サイト「いちごだいふく」

ここまでくればあとはオートマティカリー。吉祥寺に着いたら3人でカラオケに入った。

部屋に入って甘いものと冷たいジュースを注文し、2人が気持ちよくなるようにお袈裟にリアクションを入れ話を聞いてあげて、歌をめちゃくちゃ褒めまくる。

この時大人目線でアドバイスしたり意見を言ってはいけません。上から目線は厳禁。それから自分の話も厳禁。特に自慢話は絶対NGです。ひたすら聞き役に回ってください。

そして頃あい見計らって「エッチなことしたことある?」と聞いた。

2人は一瞬顔を見合わせ「えーないよー」「ないない」とジュースを飲みながら応える。

「俺、エッチしたくなったなー」と言うとアハハと笑う。「君たちがあんまり可愛いから」と続ける。そして「ねえ、ちょっとだけ時間ある?ちょっとだけでいいからホテルに行こう」と言った。

可愛い子が「えー」と考え込む。これはいける!俺は畳み掛けるように「ちょっとだけ」「すぐすむから」「なぜなら俺は早漏だから(嘘です)」「嫌ならやめる」とさらに押しまくった。

ここまでくればもう大丈夫。

俺はお金の話を切り出した。30分でいくらいくらとか。すると「えー」と言ってもうほとんどオッケーの様子になる。「俺はエッチ上手いから」「めちゃくちゃテクニシャンだから」「優しくするから」「すぐ済むから」「嫌ならすぐ辞めるし、お金はそれでも払うから」と押しまくってついにオッケーの返事をもらった。

さらに都合のいいことにブスの方は「私は外で待ってる」と言う。

そもそもブスの子だってバカじゃないから俺が最初から可愛い子狙いだったことはわかっているはず。いい気分にさせてくれたお礼にここまで付き合ってくれたわけだ。そして今や俺の味方になって可愛い子に「私のことは気にしなくていいから」「この人なら大丈夫そう」「行ってきたら」と説得までしてくれてる。いい子じゃん!

さっき駅で見て心臓が止まるかと思った中学1年生の美少女。そのおしゃれなワンピースをめくってパンツ丸出しにしたり、膨らみかけのオッパイを鑑賞したり、処女おまんこ広げていやらしい言葉を言ったり、俺の勃起したちんこを見せたり、あんなことやそんなこと、これから全部楽しめるのだ。

それを想像しただけで射精しそうになった。

かくして、ブスの子を駅前のマックで待たせておいて(もちろん俺のおごり)、可愛い子と2人でラブラブ・ラブホテルへ向かったのです。

続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました