東京スカイツリーで見たミニスカ・ロリ美少女のパンチラ

スポンサーリンク

こんにちは、今日は東京のパンチラスポット「東京スカイツリー」で見たロリ少女のパンチラ目撃談を紹介します。

スポンサーリンク
ハッピーメールバナー

東京スカイツリーについて

東京都墨田区にある東京スカイツリーは2012年2月29日に開業した

世界一高いタワーです

塔のてっぺんまでの高さは634m、一般の入場者は450m地点にある天望回廊(第2展望台)まで上がることができます、あひゃー!

ショッピングモールや水族館、プラネタリウムなども併設されているので、タワーに登って上空からの景色を眺めるだけでなく、食事や買い物など1日中楽しめる場所です。

そしてパンチラポイントがあることもパンチラファンには嬉しいですね、うひひ。

東京スカイツリーからの眺め
東京スカイツリーからの眺め

東京スカイツリーのパンチラポイントBest3

  1. タワーの下の広場
  2. フロア450のソラカラポイント
  3. フロア350のガラス床

では一つずつ説明していきましょう。

1.タワー下の広場

1の「タワーの下の広場」ですが、ここでは多くの来訪者がタワーを背景に記念写真を撮ります。ところがタワーがとても高いので、てっぺんまで写そうとすると撮影者は思いっきりしゃがまないといけません。

このとき、記念写真を撮影する人の

しゃがみパンチラ

が狙えると言うわけです。

嬉しいことに少々しゃがんだだけではなかなかベストショットが狙えない。撮影者はなんとかいい写真を撮ろうと必死になるため、パンチラへの注意が無防備になってしまうのでしょう。

夢中になってカメラを構える女の子は、皆恥ずかしいくらいパンチラを披露しちゃってます。しかもなかなかの長時間。

特に、修学旅行で東京スカイツリーにやってきた女子中学生、女子高校生がいたら何人かは確実にパンチラを見せてくれます。

しかもここは他の2つのパンチラポイントと違って入場無料です。修学旅行生がたくさんいる時期に行ってウロウロしていればそこそこの数の少女たちの制服パンチラを見ることができます。

もちろんあたなもスマホやカメラで写真を撮影していてもなんら不自然ではないですから、パンチラ少女のパンティー写真、撮り放題です、うひゃー。

ただし、最近はスカートの下に紺色のアンスコを履いている不届きものが少なくありません。制服のミニスカートの中が見れるならアンスコでも十分と言う人もいるかもしれませんが、私はロリ少女のパンツは白、無地、木綿、以外では全く萌えないので、この場所で長く粘ったことはありません。

2.ソラカラポイント

最高所にある「ソラカラポイント」の床は定期的に鏡状になる。出典:東京スカイツリー公式HP

東京スカイツリーのフロア450にあるソラカラポイントは、スカイツリーの最高所です。

ここは床がガラスパネルになっていてライトの加減で定期的に鏡のように反射するタイミングがあります。ミニスカートの女の子が入っていたらスカートの中身がガラス床に写ってパンツをみることができます。

しかも通常の状態ではガラス状になっていないのでほとんどの子がパンチラ を警戒することなくこのエリアに立ち入ります。

私が10月に行ったときは平日だったのですが、ちょー可愛いミニスカートのロリ少女がいました。おそらくJS6。その子は白いロンティーに黒いフレアミニスカート、白いショートソックスに白いスニーカー、アクセサリーをたくさんつけていてとってもおしゃれでスタイルのいい美少女でした。

一眼見たときから「ああ、こんな可愛い子のパンツが見えないかなー」と思っていたのですが、天望フロアにあるソラカラポントに入って床に写った可愛い白パンティーをバッチリ拝むことができて猛烈に感激しました。

ありがとうございます。

この子は家族で来ていて、ソラカラポイントに入ってみんなで記念写真を撮っていました。写真に写るポーズを考えるのに一生懸命だったようで、床が鏡状になったことにも気付かず、惜しげも無くミニスカートの中身を見せてくれたのです、うきー!

3.ガラス床

ガラス床

フロア350にあるガラス床もまあまあのパンチラポイントです。

ここは文字通り床が透明なガラスになっていて、およそ350m下の地面まで遮るものがなく丸見えです。

このガラス床の350m下で超望遠レンズを構えてパンチラ写真を撮影する人たちが話題になったこともあります。

このガラス床も光の反射具合によってはガラスにスカートの中身が映り込みます。ミニスカートの少女がいたらパンチラの可能性大ですね。

それからここでは床にしゃがんで地面を指差したポーズで写真を撮る人が多い。そう、そのときしゃがみパンチラが見れるのです。

私が行った時も、何人かの女子大生くらいの女性のしゃがみパンチラを見れました。私は興味ありませんが。

それから前述したおしゃれな美少女もここでしゃがんでガラス床の下を覗き込んでいました。その時またの間から白く眩しいパンティーがムラっと見えました!

こんなに可愛いくておしゃれなロリ少女のパンツが見れて私は危うく射精しそうになりました。すぐにトイレに駆け込んで、今見た少女のパンティーを思い出し、しこしこしたことは言うまでもありません。

ガラス床

パンチラスポットとしての東京スカイツリーのまとめ

ここまで東京スカイツリーのパンチラポイントを紹介してきました。私が行ったときはたまたまものすごい美少女と遭遇しておまけに素晴らしいパンティーを見ることができました。

でもそれはたまたまです。いつもあるわけではありません。

そもそもフロア450や350に登るためには高い入場料が必要です(休日は3000円)。そのお金を払ってまで行くことはないかなーと思います。

もし修学旅行生が天望フロアまで登るようでしたらついていく価値はあるかもしれませんが。

一方、下の広場は入場料がかからないので、修学旅行生がたくさんいそうな時期に行ってみるのはお勧めです。

東京スカイツリー

  • 住所:〒131-0045 東京都墨田区押上1丁目1
  • 最寄駅:東部伊勢崎線「とうきょうスカイツリー駅」都営浅草線、京成押上線、地下鉄半蔵門線「押上駅」
  • 公式HP:http://www.tokyo-skytree.jp

地図

次に読むのにおすすめの記事↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました