欧州混浴サウナの入り方

スポンサーリンク
ヨーロッパの個室サウナ 少女との混浴体験

今回のブログでは欧州混浴サウナの入り方ついて「ワレメマニア」さんの投稿を紹介します。

基本的に欧州の温泉は混浴です。水着を着て混浴するエリアと、水着禁止の全裸混浴エリアに分かれています。中には全裸混浴エリアしかない温泉もあります〜ワレメマニア

トロピカルアイランドの全裸混浴エリア

全裸エリアでは看板に「水着禁止」のサインが表示されています。

ドイツなど欧州の温泉は水着着用で入浴する「テルメエリア」と、水着を脱いで裸で入浴する「サウナエリア」に別れています。テルメエリアのプールで泳いだ後サウナエリアへ入ると「ここから先水着禁止」という表示が現れ、始めての方はとまどうのではないでしょうか。

とまどうのと恥ずかしいのとで、せっかく来たのにここで引き返してしまってはもったいないです。

今回は日本と異なる習慣、文化がある欧州のサウナエリアの特徴と入り方をアドバイスします。しっかり読んで手順やしきたりを頭に入れておけば、サウナエリアの入り口で尻込みするという事態は避けられると思いますよ。

ゲートを通過した先は全裸エリア

サウナエリアに入場する時はセンサーにチップをかざしてゲートを通過するところが多いです

通常の温浴施設では水着着用エリアとサウナエリアは別料金になっています。

そしてサウナエリアの入り口にはバーが回転するゲートがあります。サウナエリアへ入場するためには、ゲートに付いているセンサーに受付でもらった磁気カードまたは電子リストバンドをかざし、バーをオープンにして入場する必要があります。

料金後払いの施設では、このとき磁気情報にサウナエリアに入場したことが記録されます。

ゲートを通過するとそこはもうサウナエリアです。「ここから先は水着着用禁止」のサインがあちこちに表示されています。

水着禁止エリアの入り口にある棚。ここで水着を脱いで全裸になり持ち物や脱いだ水着を棚に入れる

そして脱いだ水着をひっかけるフックや、扉のないロッカーや棚が並んでいたりします。実際多くの方がここで水着を脱いですっぽんぽんになります。

つい今の今までむちむちのビキニを着ていたお姉さんが、目の前でビキニのブラを取って下も脱いで裸になったりします。

心臓がもうばくばくで「いったいどーなってるのぉー」と走り出したい気分です。

でも走り出してはいけません、笑。何事もないような平気な顔をしてここをやり過ごさなければ、変態と思われてしまうでしょう。

場所を確保しよう

アムステルダムの全裸混浴スパ「ズイバー」の全裸エリア

「ここから先水着禁止」と表示されていても必ずしもその場で全裸になる必要はありません。

水着を来たままサウナエリアの奥の方まで入場し、気に入ったソファーやデッキチェアーを見つけたら、そこで裸になる人もけっこういます。

ですからあなたも落ち着いてサウナエリアを見渡し気に入った場所のデッキチェアーを確保したらそこで裸になればいいのです。

そして脱いだ水着と持って来た本や雑誌などを「このデッキチェアーは私が使用している」という証の意味をこめてそこに置きます。

全裸エリアでは、タオルを巻いたままあるはガウンを羽織ったままをうろうろして大丈夫です。

実際は多くの人が裸でうろうろしていたりデッキチェアーやベッドに寝転がって昼寝や読書をしています。

個室サウナの中では全裸になる

個室サウナの中ではタオルを体に巻いてはいけません

個室サウナに入るときはガウンを脱いでタオルも取って全裸にならなければいけません。

サウナエリアでは水着禁止ですがタオルやガウンはオッケー、でも個別のサウナ内やジャグジー、プール、お風呂の中では全裸、というルールなのです。

さらにサウナの中では、

タオルで体をかくしてはいけません

ここが日本のサウナと大きく違うところです。欧州のサウナではバスタオルはお尻の下に引いてその上に座ります。つまり座る木の部分と体が直接触れ合わないようにすることが決まりになっています。

ガウンを羽織ることも禁止されています。

サウナの入り口でガウンは脱いで壁のフックにかけておきます。

アウフグス中は出入り禁止

屋外サウナが点在するエリアも全裸です

欧州には「アウフグス」という個室サウナ内で行われるイベントがあります。これも日本にないサウナ文化なので初めての日本人は戸惑うかもしれませんが、アウフグス中の個室サウナには入ることができません。また出ることもできません。(最近は「ロウリュ」と言う呼び方で日本でも普及してきてます)

とりあえずこのことだは覚えておきましょう。

少女のワレメ見放題!欧州の混浴温泉へ行こう

JSJCJKのロリ少女の裸が見たい!

その気持ちはよーくわかります。私もそうでした。でも、日本の法律では18歳未満の少女の裸の写真は、単に持っているだけで違法になります。ネットで見つけてPCやスマホにダウンロードしたアウトです。

ところが欧州のスパやサウナ、温泉に行けば、

100%確実に

10代ロリ少女のおっぱい、乳首、ワレメちゃんを見ることが出来るのです。100%です!(冬休みや春休みなど学校が休みの時期が狙い目)。日本の混浴温泉みたいに「宝くじに当たるレベルの運の良さ」は不要です。

「絶対に行く!そしてロリ少女の全裸を見る!」という強い気持ちがあればどんな壁も乗り越えれます。

このサイトで紹介している混浴温泉に関する記事を参考にして、ぜひあなたもこっち側の人間になってください。

オナニーアンケート(オナニー経験済みの女の子)

よかったらアンケートをお願いします!

  1. オナニーを初めた年齢
  2. イったことがある・ない
  3. 好きな妄想・おかず
  4. さわって一番気持ちいいところ
  5. 1日でした最高回数
  6. 1回の平均時間
  7. 現在の学年

感想や質問、応援メッセージを待ってます

ブログの感想や意見、質問、応援メッセージ、エッチな体験談、オナニーアンケートの回答などを教えて下さい。

メール:simaryouya50@gmail.com 

LINE

X

Instagram

コメント

タイトルとURLをコピーしました