ロリ少女の裸を見たい放題!世界最大のヌーディストビーチ「キャプダグド」への行き方

スポンサーリンク
キャプダグドのホテル 全裸キャンプ場

全裸で過ごすキャンプ場「ナチュリストキャンプ場」ではたくさんのJS、JC、JKがスッポンポンで歩き回っています。

おっぱい、乳首、ワレメが丸見えです。そこではあなたもスッポンポンですから、たくさんのJS、JC、JKの前でおちんちん丸出しになります。

今日は世界最大級のナチュリストキャンプ場と世界最大のヌーディストビーチがある「キャプダグド」への行き方を紹介します。

スポンサーリンク
ハッピーメールバナー

キャプダグドってどんなとこ?

インフォメーションセンター前にあるキャプダグドのリゾートマップ

南フランスにある「キャプダグド」はヨーロッパ最大のビーチリゾートです。

地中海に面して美しく入り組んだ入江にはマリーナやレストラン、カフェを始め、遊園地、水族館、ウォーターパーク、カジノなどのアミューズメント施設があり、それを取り囲むようにたくさんのショップやホテル、コンドミニアム、キャンプ場が立ち並んでいます。

そのキャプダグドの東側のエリアは世界最大のヌーディスビーチと世界最大級のナチュリストキャンプ場がある「ヴィレッジ・ナチュリスト」と言うヌーディストゾーン=全裸リゾートになっています。

ここには毎年に夏になるとヨーロッパ中から大勢の観光客がやってきます。

ヌーディストビーチを歩けば数千人規模の全裸の人を見ることができます。スーパーやレストランやカフェやショッピングストリートなど、エリア内はどこでも全裸で人が歩き回っています。

そしてもちろん大勢の

全裸10代ロリ少女たち

を見ることができます。

参考記事

ヴィレッジ・ナチュリスト(世界最大の全裸リゾート)にあるもの

  • 世界最大のヌーディストビーチ
  • 世界最大級のナチュリストキャンプ場
  • ホテル
  • コンドミニアム
  • レストラン、カフェ、バー
  • ショークラブ
  • ショップ
  • スーパー
  • 郵便局

ちなみに「Cap d’Agde」と書いて「キャプダグド」と読みます。

キャプダグドへの行き方

アグド駅のホームで電車を降りたところ

私はマルセイユから電車で行きました。マルセイユ・サンシャルル駅から、キャプダグドの最寄駅「アグド」まで電車でおよそ2時間50分ほどです。

料金は片道3000円くらいでした。フランス国鉄は早割チケットがあるので、予定が決まったらなるべく早く手配した方が安く買えます。

フランス国鉄の乗車券購入方法

  • 鉄道駅の自動券売機か窓口
  • フランス国鉄のHP
  • ヨーロッパ鉄道の予約サイト

など。

このうち予約サイトは手数料がかかりますが、日本語で対応している上、早割チケットを入手できれば安く買えます。

マルセイユ〜アグドのルートマップ

アグド駅からキャプダグドへの行き方

アグド駅の中。

アグド駅の駅舎。

駅(出口は一つしかありません)を出たら駅前広場にバス停があります。

路線図で行き先とバスの路線番号を確認しましょう。

「ヴィレッジナチュリスト」は4番のバスの終点です。

4番のバスの時刻表。1時間に1本しかありません。また9時代と19時代はありません。

全裸リゾート行きのバスに乗るお姉さんたち。向こうに着いたらみんなスッポンポンになるのかな。

バスの横に路線番号と行き先が表示されます。

バスの運賃はアグド駅〜ヴィレッジナチュリストで1人2ユーロでした。

終点のヴィレッジナチュリストに到着しました。

全裸リゾートの入場ゲートです。

センサーにチケットをかざすとドアが開きます。このゲートの向こう側にはヌーディストリゾートが広がっています。入場チケットはインフォメーションセンターで買えます。

入場チケットの買い方

全裸リゾートの入り口にある入場料金の表

ヴィレッジナチュリスト=全裸リゾートに入るためには入場料が必要です。

料金は、人数や宿泊場所、日数によって異なります。日帰り客の1日の入場料は1人8ユーロです。

ヴィレッジナチュリストのバス停前にインフォメーションセンターがあります

ヴィレッジナチュリストの入り口(バス停前)にインフォメーションセンターがあるのでそこのカウンターで入場チケットを購入できます。支払いはユーロの現金かクレジットカードで行います。

入場チケットは磁気性のプラスチックカードで、入場ゲートのセンサーにかざしてドアの開閉を行います。チケットがあればいつでも自由に出入りできます。

全裸リゾート内にはたくさんのホテルやコンドミニアム、キャンプ場がありますが、その宿泊者でも入場料が必要です。

ヴレッジナチュリストの入り口にあるインフォメーションセンター
ヴレッジナチュリストの入り口にあるインフォメーションセンター

ヴィレッジナチュリストのインフォメーションセンター。「ヴレッジナチュリスト」のバス亭を降りたら目の前にあります。

インフォメーションセンターのカウンター。ここで料金を支払います。

インフォメーションセンターの内部。

日本からマルセイユへの行き方

飛行機で南仏へ行く場合はマルセイユ空港か、モンペリエ空港を利用します。

日本からマルセイユ空港、モンペリエ空港へは直行便はありません。パリで飛行機を乗り継ぐ場合は注意が必要です。日本から飛行機が到着する空港(パリ・シャルル・ド・ゴール空港)と国内線が発着するオルリー空港は離れているからです。

どうしてもパリ観光をしたいという人でなければ無理にパリ・シャルル・ド・ゴール空港を利用する必要はありません。

日本からの直行便があるフランクフルトやモスクワ、ウィーンなどを経由してマルセイユかモンペリエに行くのが効率的だと思います。

電車で行く場合のアドバイス

パリからTGVで南フランスに行く場合は、アヴィニョンやエクスアンプロバンス駅を利用すると、マルセイユから行くよりもっと早く行けます。

またマルセイユ・サンシャルル駅〜フランクフルト国際空港駅の間には直通電車が走っています。料金は5000〜8000円くらいです。

乗り換えなしで日本から直行便のあるフランクフルト空港を利用できるのでとても便利です。

またフランクフルト近郊にはカイザーフリードリッヒテルメ(ヴィーズバーデン)、タウナステルメ(バートホンブルグ)、ティティウステルメ(フランクフルト)などの混浴温泉があるので、同時に楽しむことができます。

キャプダグドの全裸リゾートはこうなっている

朝のマリーナ沿のカフェです。日中はスッポンポンの人で混雑します。

全裸で自転車に乗っている人が写ってしまいました。この写真を撮っている私ももちろんスッポンポンです。

この写真も誰もいないと思って撮ったんですがよく見ると何人か写っちゃってますね。ぼかしましたが。歩いている人もベランダにいる人もそして写真を撮っている私もみ〜んなスッポンポンです。

こうゆーお店がいっぱいあります。そして夜になるとこーゆー格好をして歩く人が増えます。

人がいない瞬間を写真にとるのは難しい。夕暮れのキャプダグドのマリーナレストラン。写真に写っている景色の中は全て全裸リゾートです。

ゲートを入って目の前にあるロッカー。日帰りで全裸リゾートを訪れた人が利用します。料金は1日2ユーロ。

ヌーディストビーチに面したホテル。ホテルの部屋やバルコニーから裸の少女見放題!

おわりに

JSJCJKのロリ少女の裸が見たい!

その気持ちはよーくわかります。私もそうでした。でも、現在の日本の法律では18歳未満の少女の裸の写真は、単に持っているだけで違法になります。ましてネットで見つけてPCやスマホにダウンロードしたアウトです。

ところが欧州のナチュリストキャンプ場に行けば、

ほぼ100%確実に

10代ロリ少女のおっぱい、乳首、ワレメちゃんを見ることが出来るのです!日本の混浴温泉みたいに「宝くじに当たるレベルの運の良さ」は不要です。

ナチュリストキャンプ場について詳しく解説しているサイト↓

【ヨーロッパで家族連れに大人気】フランスのナチュリストキャンプ場取材ルポ

「絶対に行く!そしてロリ少女の全裸を見る!」という強い気持ちがあればどんな壁も乗り越えれます。

このサイトで紹介しているナチュリストキャンプ場に関する記事を参考にしてぜひあなたもこっち側の人間になり、全裸女子小中高生との出会いを楽しで欲しいと思います。

ヨーロッパへの無料航空券を無料ゲットする方法

次に読むのにおすすめの記事↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました