ノーパンお散歩でびしょびしょに濡れちゃった中学2年生の美少女

スポンサーリンク

今日は、少女輪姦クラブにリクエストメールをくれた私立中学2年生あやかの調教体験を紹介します。あやかのリクエストはちょっと変わっていて「ノーパンで町中を連れわまして欲しい」と言うものでした。

スポンサーリンク
ハッピーメールバナー

露出癖の告白をする女子中学生

「輪姦ではなくしょーたさん1人での調教を希望します」と連絡をくれたのは中学2年生のあやか。

自分はかなりエッチだと思う、という自己紹介には次のようなことが書いてありました。

「夏休みに1人で区民プールへ泳ぎに行きました。その時は小学生の時着ていた小さなビキニで泳ぎました。マイクロビキニ状態で顔から火が出るほど恥ずかしかったです」

あやかはそのギリギリビキニでプールの隅の方でブラをずらしておっぱいを出してみたりしたそうです。後ろを男性が泳いでいるのを知りながら

足を広げて平泳ぎ

した時は、下半身が熱くなって意識がなくなりそうになりました。その日は家に帰って「あたしのチビまんこみられちゃった」とオナニーに狂ったとのこと。

ノーパンで児童公園へ行ったこともあります。公園で遊んでいた少年達に「気持ちが悪くなったからお腹をさすってくれない?」と言ってベンチに仰向けに寝てまたを広げました。スカートの中を見たときの少年たちの驚いた顔が目に焼き付いているそうです。

少年達がお腹を優しくさすってくれるのをいいことに「もっと下をお願い」と言って股間をさすってもらい、いってしまいました。少年達は驚いて走り去ったそうです。

これはなかなか見込みのある女の子だと思った私は、メールでのやり取りをしばらく楽しみました。

ノーパンで人混みの中を連れ回す

最初に会ったのは土曜日の午前中で、上野で待ち合わせしました。

「ノーパンで一緒に歩いて欲しい」というあやかのリクエストにお応えして、上野の美術展に行くことにしたのです。

あやかは学校で美術部に所属していたので「友達と美術展へ行く」と言えば外出しやすかったと言うこともあります。

その時、上野の美術館では人気の美術展をやっていて、館内は満員電車の様に混雑していました。ノーパンで歩くには刺激十分です。

あやかは黄色とオレンジ色が入ったボーダーのポロシャツに、白いフレアミニスカート、素足にサンダル、というおしゃれなファッションでした。

髪型はボブですが、細く結んだ横髪が頬に垂れているのがロリっぽくたまりませんでした。それから手の爪にも足の爪にもネイルを塗っていました。でも、聞いたらそれはネイルに見えるシールだそうです。今はこんな便利なものがあるんですね。

美術館に着くとあやかはトイレに行ってパンツを脱いできました。

可愛いスカートの中はノーパンです。

いくらメールでやり取りをしていても実際に本人と会うのは今日が初めてです。そんな会ったばかりの可愛い女子中学生が、おしゃれなスカートの中はノーパンだなんて、想像しただけで私もクラクラしました。

私が「(パンツ)脱いだの?」と聞くとうんとうなづきました。

でもあやかは気に入った絵があると真剣に鑑賞していました。さすが美術部!

私はちょっとイタズラ心で、絵を鑑賞しているあやかの耳元で「さっきからスカートの中覗かれてるよ」と囁くと「いやー」と真っ赤になって両手でスカートを押さえます。

その仕草に私の下半身もカーッと熱くなりました。

私はさらに調子に乗って

「ノーパンのこと周りにバラしちゃおうか」

と言うと、あやかはじーっと私の目を見つめて首を振りました。

エレベーターも激混みで、満員電車みたいにぎゅーぎゅー詰めでした。超満員のエレベーターの中であやかのお尻に触ったり、スカートの中に手を入れたりしました。すごくドキドキしました。

その後、丸井へ行ってエスカレーターに乗った時は「あのイケメンのお兄さん、下からあやかのスカートの中をのぞいてるよ」とか「もしかしてあの人、あやかがノーパンだって知ってるんじゃないかな」などと言いました。

その度にあやかは「やだ」と笑いましたが、顔は少し引きつっていました。

ノーパンお散歩の感想をワレメちゃんに確認する

それから不忍池のほとりにあるラブホテルに入りました。

ホテルに入って冷蔵庫から冷たいものを出してあやかに渡しました。あやかは「ありがとうございます」と言って美味しそうに飲みました。

「ノーパン外出はどうだった?」と聞くと「ドキドキした」と笑いながら答えました。

ポイントポイントで私が危険なことを言うのがスリリングだったと言ってくれました。

「スカートの中濡れちゃった?」と聞くと「うふふ、どうかな」と笑ってごまかします。

でもこのあとスカートをめくってもらったら、あやかはとんでもない嘘つきだったことがわかりました。

「どうかな?」レベルではなく

大雨洪水警報もびっくり!

というくらいビチョビチョに濡れていたのです。

「まさか神聖な美術館にこのエッチな汁を垂らしてないだろうね」と詰問すると「いやー」と笑ってごまかします。

「美術館の掃除のおじさんに正直に告白しようか」と言うと、「あー、やだ〜」と言いながら私の胸を叩きました。

チビまんこの露出歴について確認する

それから1人掛けソファーの肘掛に両足を広げて座らせて、ノーパンお散歩の結果をじっくり調査させてもらいました。

「恥ずかしい」と呻くあやかに「自分の手でおまんこを広げてて」というと、恥ずかしいと言った割には、素直にクァパッと処女おまんこを広げて見せてくれました。

「あらら、チビまんこが丸見えだ」と言うと「いやー!」と顔を横に背けます。

でも「いや」と言ってるのに、両足を開き自らの手でおまんこを大きく広げ穴の奥まで見せ続けます。しかも「いや」と言いながら穴とその周辺からはまたまたじわーっといやらしい汁がにじんできました。

どんな少女でも下半身はとても正直なのです。

「ほーこれがあやかのチビまんこか、市民プールで人に見られちゃったんだよね」と確認すると「ああ〜」とゆでだこの様に真っ赤になってうなだれます。

「児童公園ではいたいけな少年に見せつけて驚かれたんだろう?」と意地悪に言うと「ああ、もう言わないで」と首をふります。そこで「大胆だな」と見下すように言ったら、おまんこを見せながら悶絶しました。

ノーパンお散歩の責任をとって心ゆくまでおまんこをいたわってあげる

「こんなになるまでノーパンで歩かされたんだね」とおまんこをねぎらうと、顔を横にそむけたまま「せ、責任とってください」と言いました。

女子中学生にそんな気の利いた受け答えをされて、私の下半身は一挙にヒートアップしました。心ゆくまで責任を取ってあげようと思い、まずあやかの処女まんこに人差し指を挿入しました。

おまんこの肉壁が熱い水飴の様にドロドロと私の指に絡みつきます。指をくねくね動かすとねちゃねちゃいやらしい音が部屋中に響きました。あやかは「やだ、恥ずかしい」と顔をそらします。

「恥ずかしかったら(音が出ない様に)指を動かすのをやめようか?」と聞くとそんなバカなこと言わないでという表情で「やめて」と言います。「やめてと言うのは指を動かすのをやめて、と言う意味?」と意地悪に聞くと首を左右に振ります。

「やめるのをやめてと言う意味か」と笑いながら言うと悔しそうにこくんとうなづきました。

私はおまんこの中の指をこねくり回し、べちゃべちゃといういやらしい音を部屋中に響かせました。「中学2年生にしてはすごい濡れっぷりだね」と呆れた顔でおまんこを覗き込みながら言うと「ああ、恥ずかしい」と呻きながらさらにおまんこを濡らします。

おまんこ汁が「蟻の門渡り」はおろか肛門まで垂れ流れて一帯を濡らしていました。

「あーあ、これは大変だ」と言いながらもう片方の手の指を肛門に突き立てにゅう〜っと深くまで挿入しました。

「ああ!」と体をのけぞらすあやか。

私はおまんこと肛門に入れた指を動かしながら「ここが気持ちいいの?」と聞くと首を縦に振ります。

「さっきノーパンで人混みを歩き回ったからおまんこが大変なことになっちゃったんだね」と気持ちを汲んであげたら、指の快感にひたりながら「うう」と熱い息を吐きうなづきました。

「あんなひどいこと、中学2年生の女の子がミニスカートの中がノーパンだって知ってて美術館やデパートの人混みの中を連れまわしちゃって、悪かったね」と言いながら「これはお詫びの印」と赤く膨らんだあやかのクリトリスに

チューっとキス

をしました。

「ああぁ〜!」と絶叫して体を震わせるあやか。

おまんこに入れた指がさらに一層びちゃびちゃいやらし音を立てます。肛門に入れた指がぎゅーっと強く締め付けられました。

失神昇天が止まらなくなった

私はクリトリスにキスをした後、そこを唇で挟んだり、舌全体でコロコロ転がす様に舐めました。同時におまんこに入れた指と肛門に入れた指を、敏感な薄い皮一枚隔てた穴の中同士で

擦り合わせました。

あやかは「ああ、ダメー!」と叫んで大きくのけぞり、おまんこからビュッビュッと噴水を噴き上げました。それが私の顔にもろにかかりました。

「あー潮吹いちゃった、気持ちいいの?」と聞くと

「ああ、気持ちいい!気持ちいい!」と額に汗を滲ませながら答えます。

今度は少し強めに2穴に入れている指をずりずりこすり合わせると「もっと!もっと!」と絶叫して下半身をガクガク震わせながら

「気持ち良すぎて気が狂いそう!」

と髪を振り乱しました。

私はここぞとばかり、あやかの膨らんだクリトリスに歯を立ててソフトに噛むと

「それはダメー!」と絶叫し、またびゅっびゅっと噴水を噴き上げました。それから下半身をがくんがくんと痙攣させました。

でもノーパンお散歩でだらしなく濡れてしまったおまんこは、これくらいでは満足してくれません。

私はクリトリスに唇を当て「ぶー」と低い音を発しながら唇をブルブル震わせ、その振動を少陰唇全体に伝えました。電動あんまの様な刺激が、陰核から尿道口、膣に至る広い範囲を覆います。

あやかは「ダメー!か、感じちゃう!気持ちいい!あぁ〜気持ちいい!」と訳のわからないことを叫びながらまたまた派手に潮を噴き上げて痙攣失神昇天しました。

おまんこから指を抜くと、壊れた水道の様におまんこ汁が流れていました。そのおまんこはピクピク痙攣していましたが、今となってはノーパンで歩いたせいだという言い訳は通用しないでしょう。

ちなみに女性はクリトリスと尿道口が離れているほど感じやすい、淫乱、なのですが、あやかはそれを身をもって証明してしまいました。

続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました